美容室経営悩み

美容室経営は開業資金の費用をおさえて出店するべき

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室経営は開業資金の費用をおさえて出店するべき

美容室経営で一番ネックになるのが資金繰りであり、開業資金がいくらかかるかって問題だと思います。

一昔前までは、個人で出店した場合で2000万円前後がかかるといわれていました、そのために自己資金で500万円前後を用意し残りを融資で補うというスタイルでした。

しかし最近では美容室経営への風当たりは強く、過剰な競争が行われております。

新規出店をする人は増える一方、その反面美容業界の全体の売上は下がっているので廃業する経営者が続出しているわけです。

美容業界自体で廃業が続出しているという現状があるので、金融機関は美容室経営者に融資をあまり出さなくなってきています。

そうなると限られた開業資金の中で美容室経営をしていく形になりますが、成功率をあげようとするなら開業資金をおさえて出店すべきです。

ただ1人営業っていうスタイルはあまりおすすめしません、たしかに誰も雇用しないでのストレスはあまりありませんが、自由がきかないからです。

しかも1人営業の美容室って発展性がないので、時間には拘束されませんが、一生美容師としてハサミを置くことが許されない状態なのです。

理想としてはあなたがスタイリストとして現場に出るのであれば、スタイリストをあと1名、アシスタントを2名の合計4名位の規模は確保した方がいいです。

あなたを含めた4名で月商200万円以上を目標にする、この規模のサロンが実は一番つぶれにくいと思っています。

美容室経営って開業資金にお金がかかるといわれていますが、私は居抜きサロンを上手に利用するべきだと思います。

現在居抜きサロンがものすごくたくさん情報が公開されていますので、自分の条件をクリアした居抜きを探すのが一番だと思います。

物件を自分で探して店舗デザインを決めて、什器を購入して保健所の手続きをするってのは本当に面倒です。

美容室経営はこれから居抜き美容室の出店が加速する

 

美容室経営者ってなかなか居抜き物件で出店しないで自分のオリジナルでって感じで考えるようですが最終的にオリジナルなお店を作ればいいのですから。

居抜き物件ってそのまま美容室を出店できるというメリットがあります、開業資金をおさえてそのぶん広告に回す方が明らかに効果的です。

冒頭に美容業界全体の廃業率が高いという問題について書きましたが、これからはますます廃業する美容室が増えることが予想されます。

そうすると居抜き物件がたくさん出てくるので、これからは居抜き物件を利用した美容室の出店がより進むのではないかと予想しています。

開業資金を最小限におさえて、4名〜5名で月商200万円〜300万円のサロンをつくるというのがこれから主流になると思います。

居抜き美容室で営業する場合に絶対やってはいけないのが、以前の店舗と同じような価格帯で勝負してはいけないということです。

居抜き美容室の場合には、価格帯やメニュー構成に問題があることが多いので、同じ価格帯で勝負しても同じく廃業になってしまう可能性は高いですね。

これをしっかりと分析をしてその地域に合わせた価格帯で勝負をすることが望ましいとされています。

どのような価格帯でどういったサービスを提供していたのか、スタッフは何名体制で運営したのか、広告媒体は何を使っていたのか、何年営業していたのか

美容室居抜き物件の場合にはこういった情報をきちんとリサーチをすることを怠らないようにしましょう。

美容室を居抜き出店して成功している美容室から学ぶ

美容室経営を居抜き物件に特化して成功している美容室があり、現在業界全体で注目を集めています。

居抜き物件を利用することで出店速度の加速、初期費用の安さ、資金回収の効率性で抜群のパフォーマンスを出しているところがあります。

居抜き物件の美容室経営に関して、一番大事なのはなんといっても新規のお客様をどれだけ呼べるかってことに限っているのです。

美容室で集客力があるところとないところって2極化を迎えています、どれだけ広告を打っても集客できないところもあれば口コミで広告を打たなくても来客が絶えないところ。

これって仕組化がしっかりされているかどうか、そして集客ノウハウがあるかどうかの違いなんですね。

チラシの作り方やインターネットへの媒体の掲載の仕方だったり、本当に学ぶべきものがたくさんあります。

私はもし集客力に自信がないと感じているのであれば美容室の集客力があるサロンで学んでみるというのもひとつの手ではないかと思います。

既に美容室を開業していて、集客に悩んでいるサロンでも加入できるところがあり、実際にV字回復で売り上げも利益額もアップさせている美容室があります。

→無料ウェブセミナーはこちらから

 

美容室独立は居抜きを使えば安く済ませることができる

美容室独立で開業資金や経営ノウハウに自信がないという方は一度基礎から経営について学ぶべきです。

居抜き物件を使うことで美容室経営で必要な資金を運転資金に回すことができます、これができないのであれば美容師から独立しない方が身のためです。

今経営を勉強しないで美容室経営へ挑戦するからが増えています、驚くべきことになんと90%以上の経営者の方が、経営について何も知らないで独立をしてしまうのです。

これってやばすぎる業界なのです、そして5年以内になんと90%以上の美容室が市場から姿を消すのです。

そしてまた若者が自分はそうはならないから大丈夫だと考えて新規出店をする、この悪しきスパイラルがこの業界では続いているのです。

美容室居抜きで廃業になっている店舗は立地が悪かったわけではなく、経営戦略やマーケティングが全然できていなかったからだけなのです。

間違いなくこれから居抜き物件の件数は増えていきます、こういったことをうまく活かすことができるかで出店速度や成長速度が変わります。

繰り返しになりますが、美容室経営で成功する最短のコースなのは経営を学ぶことであり、勝ち続けるために絶対に必要なことなのです。