美容室開業

美容室経営は儲かる仕組みを作ったオーナーが生き残る

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室経営は儲かる仕組みを作ったオーナーが生き残る

美容室経営は儲かる仕組みをどうやって作るかで決まります。

美容室経営のオーナーで年収が高い人はみな現場には出ていない。

一方儲からない美容室を経営している人は、現場で働き自分で売り上げを上げようとする。

現場で働いているオーナーよりも現場を離れれているオーナーのほうが年収が高い。

自分で現場に出ている方が、人件費が削減できてなんとなく利益が出そうなイメージがありますが、実際は全く逆なのです。

現場に出ていないオーナーの方が圧倒的な稼ぎを得ているという現象があるのです。

美容室経営者は現場に行かないオーナーほど年収が高い

■美容室経営者の年収

現場で働いているオーナー<現場を離れているオーナー

この違いって美容室経営の儲かる仕組みを作れているかどうかなのです。

美容室経営って長期的な経営戦略を考えると、いずれ現場を離れるわけですから。

あなたはずっと現場で働きたいでしょうか?それとも美容室経営に専念したいですか?

将来的な年収を考えるのであれば、私は現場を離れても美容室経営がまわる仕組みを作っておくべきだと思います。

→無料ウェブセミナーはこちらから

 

美容室経営者は儲かるのですが、現場を離れられない人が多い

美容室経営ってリピート客を増やしていくことが最終目標なので、年々お客様を増やしていけば確実に収益があがります。

ですが、それができる前に廃業してしまう人が多いというのが現実なのです。

美容室を開業して美容室経営者になったのに、人材育成もせずに経理も自分でやっていて、さらに広告管理などもすべてオーナー1人でやっている。

これって雇われ美容室店長と何も変わらないことをやっているのです、しかも給与は従業員時代よりも下がっているという人も少なくありません。

もし収入が上がっているとしても、拘束されている時間を考えて時給計算をすると従業員時代の方がよかったって人も少なくないのです。

美容室経営者になったら忙しいだけで儲からない人の特徴

美容室経営者って名前だけで現場を離れらずに、すべて自分でやりたいって人は経営者向きではないのかもしれません。

安定した経営ができない理由は、長期的な経営戦略を持っていないからだと思います、長期的な目線を持っていないオーナーには人はついていきません。

スタッフの将来をしっかり考えているオーナーって実は多くないのです。

雇っているスタッフの将来を本気で考えているオーナーって少ない。

一方儲かっている美容室のオーナーってスタッフの将来を真剣に考えているのです。

現場で圧倒的な売上を叩き出すオーナーも実際に世の中にはいます。

ですが、まったく仕組化などがされていないので、オーナーが怪我や病気で働けなくなったら売上がガクッと落ち込んでしまうのです。

先ほどのケースですべての主要業務をオーナーがやっていた場合には、代わりのスタッフがいきなりできないので、お店自体が回らなくなるのです。

カリスマ美容師兼オーナーが現場から離れたら、経営が傾いてしまって廃業ってケースも少なくありません。

美容室経営者が儲からないっていうのは、人材確保が難しくて安定雇用ができない

美容室経営者って儲からない理由をほかにも求めてしまう人が多い気がします。

実は儲からない理由は内にあるということに気が付いていません。

問題を外部に求めてしまう経営者はまずその考えを改める必要があるかもしれない。

繁盛店のオーナーに利益が出るかどうかを分けるポイントはどこですかと質問をすると返ってくる答えはいつも1つ。

美容室経営の儲かるかどうかの要因を決めるのはやはり人なのです

人材が安定していれば美容室は間違いなく収益が出るビジネスモデルなのです。

「美容室経営の成功の秘訣=人材」という方程式なのです。

→無料ウェブセミナーはこちらから

美容室経営が利益はスタッフがもたらしてくれる

人材が安定しており、経営者がきちんとお客様を呼べるお店作りをする、そして来店したお客様に再来店をしてもらう体制をつくる。

これって簡単なように見えて実はとっても難しいです。

人材を安定して確保するには、まずその前提として美容室にお客様が来店してもらわなければなりません。

常に安定した集客が出来ていないと、売上が安定しないために安定した人材雇用をするための人件費を捻出できないからです。

今は美容室集客はどの店舗も同じ媒体を使っているケースが多く、差別化するのが非常に難しいからです。

さらに人を教育して、稼げる美容師に育てるというのも、言葉で言うほど簡単ではないのです。

優秀な美容師に育てることができる、そしてリピートできる体制を作る

この2つがしっかりできていれば美容室経営は徐々に安定の方向へすすんでいくと思います。

美容室経営で儲かっているお店は人材確保がしっかりできている

美容室経営で儲かっているところ、儲かっていないの判断基準はスタッフの定着率です。

スタッフが安定してお店に根付くところは、数年後に儲かっている美容室になることが多い。

逆に、スタッフが数か月でコロコロ変わってしまう美容室って数年後には存在していないことが多いのです。

美容室のスタッフがどれだけ入れ替わっているかを知るだけで、どれだけ儲かっているかわかるといわれているほどです。

スタッフを大事にできない経営者は、お客様を大事に出来るわけはないのです。

美容室は経営をしっかりできる経営者がいて、スタッフを大事にできる人材確保ができる

そして経営者が集客をしっかりできれば、間違いなく収益が上がるビジネスモデルなのです。

繁盛店に共通しているのが、美容室経営者とスタッフとの距離感が近く、信頼関係ができているということ。

オーナーとスタッフが信頼関係がしっかりできていれば、人材の入れ替えが頻繁に起こってしまうなんてことはないのです。

廃業してしまう美容室のオーナーはスタッフには厳しくて、お客様にはペコペコするような人だという共通点があります。

この記事では、美容室経営は儲かるけど、やり方を間違うと失敗しますよという記事でした。

美容室経営は最終的には仕組み化した人が勝つ

美容室って人材育成が大事ということの前提として、集客の力をつけなければならないことをお伝えしました。

美容室の集客ってどの美容室でも問題にしているくらい美容室経営のカギを握るといわれている大事な要素です。

冒頭でお話ししましたが、美容室経営って人材育成と集客力、それに経営ノウハウで仕組化をした人が儲かるビジネスなんです。

この記事を読んで美容室経営のスキルが少しでも足りないかもって人は、独立を急がずに経営についてしっかり勉強する必要があると思います。

美容師が独立して失敗するケースってたいていは独立開業を焦るあまり、経営スキルが備わっていない状態で開始してしまうからだといわれています。

美容室経営を学ぶかどうかが知識がどれだけあるかで儲かるかどうかが決まります。

→無料ウェブセミナーはこちらから

美容室経営はシンプルなモデルで儲かる

美容室経営は競争が激化して儲かりにくくなっているということをよく聞きますが、それは経営をしっかり学んでいないサロンだからです。

しっかり経営についての理解を持って美容室経営をすることで儲かる美容室を作り上げることは可能です。

儲からない美容室はたしかに増えています、ただそれって経営についてあまりに無知な状態で経営をスタートしてしまっているからだといわれています。

経営についてどれだけ知識を持っているか、経営について難しいと考えている経営者が多く、経営から逃げているといわれています。

これって実はチャンスで、少しだけ勉強しただけで利益額も大幅に伸びるのです、経営について勉強しないで独立してしまう人が90%以上の業界ですから。

美容室開業をまだしていないのであれば、まだ独立せずにしっかり経営について勉強をしてからにすることをおすすめします。

美容室経営で儲かる人は経営力が高い

美容室経営って自分で全てをやるのが経営ではないということ、スタッフにやってもらって最終的には自分は現場を離れても利益が出ること。

実は利益は出ているけど現場にオーナーがいかないと利益が出ないサロンというのも多く、たとえ利益が出ていても現場に行かなければいけないのではゴールではないのです。

あくまで最終ゴールを仕組み化までにしないからいつまで経っても利益が安定しないで儲からない美容室になってしまっているのです。

儲かっている美容室というのは間違いなく経営者の経営能力が高いのです、しっかり仕組み化までされています。

この記事を読んでいる方にはぜひ儲かる美容室を作ってもらいたいと思っています、メール登録で無料動画をプレゼントしています、もしよければ登録してみてください。

→無料ウェブセミナーはこちらから

 

美容室経営は時間の経過とともに安定する

美容室経営って開業してから時間が経過するとともに安定するはずなのです、だって顧客が積み上がっていくはずなのですから。

多くのサロンが間違いにすら気がついていない、やり方が根本から間違えているのです、やり方を変えただけで利益が出るようになったサロンはやまほどあります。

もし美容室経営をしているが、思ったように利益が出ていない人はぜひ無料動画を参考にしてみてください。