美容室経営悩み

美容室経営の悩みの売上を上げる方法【完全保存版】

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室売り上げアップに不可欠、リピート率を上げる方法とは?

美容室売り上げアップにリピート率のアップが不可欠であるということはいうまでもないだろう。

今回はリピートとは、そもそもどういった行為から生まれるのか?

そしてリピート率を高めるアイデアについて書いていきたいと思います。

リピート率が数%違うだけで数年後の美容室経営に大きな違いが生まれます。

美容室の安定経営=リピート率の維持だという方程式なのです。

どの美容室もリピート率をあげようと努力をしておりますが、なかなか上がっていかないのが現状です。

今回は美容室経営のリピート戦略について、他店の施策についても書きますのでぜひ参考にしてみてください。

リピート力をつけようとという言葉があるがそもそもリピート力ってなんだろうか?

 

リピート力とはお客様を安心させて信頼される力の事をいう

リピートはお客様が幸せな気分になったときに始まるといわれる。

そして人間力・発想力・技術力・説明力の4つが相乗効果を発揮するものといわれる。

1、人間力

2、発想力

3、技術力

4、説明力

この4つのどれか一つが欠けてもだめだといわれる。

つまりこの4つの掛け算でリピート力は測定できるといわれる。

お客様の幸せとは「その髪型素敵ね」「その髪型似合ってるね、どこで切ったの?」と言われたりすると発生するという。

そして周りからこう言われたときに、スタイリストへの信頼が生まれて、リピートにつながるのである。

お客様が実際に払った対価以上のものを提供するとリピート率はアップするといわれています。

 

美容室の売上アップ・リピート率を上げる方法を紹介

リピート率を上げるには、お客様のことをまず知ることから始める必要がある。

そのためには、お客様の名前を憶えて、接客中はお名前でお呼びする。

お客様のアンケートからも「名前で呼ばれると安心と信頼がある」と90%以上の回答しています。

ホテルなどの接客でも、しっかりスタッフが名前でお客様を呼ぶように徹底されていますよね、これっておもてなしの心なのです。

そしてお客様の満足度を上げるために出来るだけ多くの情報を知る必要があります。

カルテに髪型ばかり書いているスタイリストが多いのですが、これはもったいないです。

ヘアスタイルだけでなく、ライフスタイルや趣味嗜好・職業・年齢情報・家族構成や家庭環境などまでしっかりおさえておくとよい。

特にお子さんがいる方はお子さんの名前とかメモしておくとすごくいいです。

お子さんのいる方は、自分の名前よりもお子さんの名前を覚えられていた方が圧倒的にサービスに感動をするというアンケート結果が出ています。

自分の話題だと話がすすなかったとしても、子供の話題だとどんどん喋ってしまうという方も多いのです。

 

美容率のリピート率をあげるのはお客様情報は多ければ多いだけ有利

ただし情報が多ければ多いだけいいのですが、いきなり聞くのはお客様にとっては嫌な方もいますので、徐々にきいていきましょう。

そしてお客様の満足度をあげるための施策として、髪の毛の悩み事を聞き出すことなのです。

新規で来店してくれたお客様って、以前通っていた美容室になんらかの不満などがあったから来店してくれている人が多いわけです。

もし以前の美容室のサービスに完全に満足されていたなら、新規のお店でカットやカラーをお願いすることはないわけですからね。

新規のお客様にはまず「今までスタイリストにされて嫌だったことはありますか?」

「これだけはやってほしくないってことはありますか?」って不満体験談などを聞き出そうとすること。

そうするとお客様って結構たくさん話してくれるもんなんですよ、これを引き出すことでものすごく参考になりますよね。

次に聞くのが髪の毛に対していつも気にしていることを聞くようにするといいです。

 

美容室のリピート率を上げるにはお客様の悩みを解消してあげること

お客様が髪の毛に対して普段気にしていることを聞いてあげることで、どういった対策方法があるかなどの提案ができます。

例をあげると「いつもおさまりが悪くて困っている」とか「髪がすぐはねてしまって困っている」

こういった事ってコンプレックスとか不満に感じている点なのでこれを解決できれば信頼度が一気にあがるんです。

最近の美容室ってお客様に対して「今日はどのようにカットしますか?」っていって言われたとおりにカットしているだけのお店が多い。

これってお客様が普段感じている悩みを一切解決できないんです、同じようにカットしているだけでは同じ悩みが発生するはずですからね。

なんども書きますが、以前の通っていた美容室でカットやサービスに満足されていないから、来店されているのです。

プロとしてのアドバイスとして、以前は○○のようにカットされていたみたいですね、気に入らなかったところを修正を切っていきますので、おっしゃってくださいね。

私はお客様の場合には、こういった感じが似合うと思いますよとかサラッと提案してあげる。

お客様の髪の悩みをサラッと聞き出して、そしてそれとしっかり解決してあげる、解決案を提示してあげる。

これだけでリピート率って大きく変わってきますので、ぜひ試してみてください。

お客様が求めているのは、プロとしてのアドバイスだったりするのです。

もしヘアスタイルが思い浮かばなかっとすれば、髪の毛が綺麗ですねとか褒めてあげる、会話の中からお客様にメインで話してもらうのがいいと思います。

 

美容室売上アップでリピート客を増やしファン化する方法とは?

美容室ってとにかく接客時間って長いですし、お客様との会話ってものすごく大事なのです。

美容室って女性はキレイなるためにいっているわけですし、気分を高めるためにいっているのです。

技術面でのトレーニングばかりして、あまりお客様との会話の講習会をしている美容室って少ないんですが。

技術よりも差がわかりやすく、そして即効性があるのが会話の練習だったりするんです。

会話力って比較的簡単にトレーニングができるので、もし会話が苦手だったら、スタッフにそこを勉強させるのもいいかもしれませんね。

 

技術はすぐにうまくならないが、話し方はすぐにうまくなることができる

なんとお客様目線でアンケートをとると、お気に入りの美容室がありますか?

その美容室を選んでいる理由はなんですか?

この質問に対して93%の方が「気さくに話せる美容師さんがいるお店だから」って答えが出ているのです。

技術面ではなく気さくに話せるってのが、美容室選びの理由になっているというのは職人目線ではなかなか生まれてこない発想ですよね。

技術はすごいけど、トークはまるでだめってスタイリストってたまにいるんですが、こういう人はトークの練習をすればすぐに売り上げが伸びますよ。

売り上げが高いトップスタイリストの人たちはとにかくこのトーク力が群を抜いているのです。

人気スタイリストはお客様との会話の中で、親密感があり距離感がとっても近いんですよ。

この美容師さんにはなんでも相談できちゃうって状態になったら、間違いなくリピートをするわけです。

基本的に、お店ではポジティブな言葉を使うことに徹底する。

お客様が悩みなどを話してくれた時には必ずポジティブな回答してから、受け答えをする。

お客様をほめてあげる、接客中の会話で気持ち良いまま帰っていただくこういった姿勢はとても大事なのです。

 

美容室売上アップには美容師のトーク力を鍛える必要がある

人気美容師さんとお話しするととにかく聞き上手で、悩みもスラっと相談できてしまいそうな雰囲気を持っている方が多い。

トーク力って自然に身につくという人も多いですが、会話のキャッチボールがスムーズに出来ると安心感や信頼感をお客様に与えやすくなります。

あなたも話しやすい友達には信頼を置いているのではないでしょうか?

お客様の希望や解消したい悩みを解決することがリピート率の向上につながります。

お客様が悩みを打ち明けたくなるようなトーク力は大事なのです。

悩みを探りたい気持ちがあったとしても、いきなりプライベートやバックグランドなどをきくのは、逆効果になることがあるので、ここは急がずゆっくりですね。

では、なぜそういったお客様の趣味嗜好まで知ることにこだわるのか?

それはお客様のことを知ることはカウンセリングの基本なのです、お客様のことを知らなければ提案などもすることができないからです。

 

美容室売上アップの方法、サービスの提案についてのテクニック

前半でまずお客様について知ることが大事だと記載しましたね、これからそういった情報を使ってお客様に提案していくことについて書いていきますね。

お客様のバックグラウンドを知ることで今のヘアデザインの意図を察したりすることが可能なので、提案できる幅がぐっと広がります。

お客様に提案するのに必要なのは、デザインを考える発想力と、わかりやすくプレゼンする説明力だといわれています。

発想力を引き出すためには、デザインの引き出しをたくさん持っている必要があります。

デザインの提案はビジネスで例えるなら一種の商談、多種多様の選択肢を示してそれをお客様にわかりやすく提案する。

美容室の場合には、デザイン提案が一番大事であり、ここで分かりやすく説明してあげられるかがポイントになってくるのです。

 

美容室売上とリピート率の向上には説明力などのトーク力が大事である

トークでいかにお客様に上手に説明できるか、これってすべてトーク力なのです。

物を買うときも、商品の魅力や効能などをわかりやすく説明されると買う気になってしまいますよね。

ヘアスタイルも同じでお客様がこのスタイルがいいなとなるまで提案をして合意したら施術に移るというのが理想形なのです。

リピート率の高いスタイリストはデザインの引き出しが多く、なんといっても説明がわかりやすい

説明力は施術中にも活用することができるんです、これを実施するだけで売り上げが倍増したお店もあります。

 

美容師の知識をわかりやすくお客様にもわかりやすいように説明してあげる

美容師って世間話はするけど、髪の毛の知識ってあまりお客様に自分から披露したがらないものなんですね。

これって説明してあげるだけで、「あっこのスタイリストの方は信頼できるなぁ」って思ってもらえるのです。

例えば、施術中に今何のために、何をしているのか?その結果どういった効果があるなのか、等分かりやすく説明してあげるといいと思います。

プロだけがわかる内容ではなく、素人の人でもわかりやすく説明してあげる、そういった練習は普段から意識しないとできないのです。

美容室で美容師から施術について何がメリットがあるか、何に効果があるかなどの説明されていない人って意外に多いのです。

 

美容室でお客様の満足度を上げたいなら自宅での手入れ方法を教えてあげる

どんなにその場で素敵なヘアスタイルになったとしても、自宅に帰って自分で再現できなかったら、1日の満足だけで終わってしまいリピートしてくれなくなってしまう。

そこで家庭での手入れの仕方や再現の仕方までスタイリング剤を使ってお客様が自宅で簡単に再現できる方法まで教えてあげることなのです。

お客様に「あっこれなら家でも再現できる」ってところまで落とし込んだら、満足度は間違いなくあがりますからね、当たり前ですがリピート率も向上します。

実は自宅で再現できる方法をお客様に教えてあげる事には、美容室の広告としての意味もあるのです。

自宅で再現できることで、デザインの品質チェックができる、そしてスタイルを維持することで、周りから素敵だねって言われる確率が上がるのです。

周りから褒められることで、お店の話題も増えて口コミにもつながりますし、さらに満足度もリピート率も上がるという効果まであるわけですよ。

 

美容室売り上げで一番強いのはリピート率が高い事、そして口コミが起きるサービス

美容師って髪の毛に対してプロの知識を持っているのです、その知識を使ってお客様に施術中にしっかり説明をしてあげる。

ここまで書いてくれば、その説明がどれだけ大事なことだかわかってくれたはずです。

お客様に言われたとおりにカットすることも、もちろん大事です。

ですがお客様の悩みなどをサラッと聞き出し、それを提案できるスタイリストになれればリピート率は間違いなく向上します。

悩みを解決することができる美容室は満足度は間違いなく高いですし、リピート率が高い美容室はライバルにとっては脅威です。

リピート率が高い美容室は口コミが起こりやすいので、集客に悩むことも少なくなります。

今回の記事で伝えたかったのは、技術面だけに目を向けないでほしいといった視点でした。

話しやすい美容師、相談しやすい美容師って必ず人気スタイリストになっているのです。

技術という面だけではないということを分かったほしかったのです。

 

現在美容室業界で人気スタイリストといわれる人はアシスタント時代から輝いていた

それを表すデータとして現在第一線で活躍しているスタイリストってアシスタント時から輝いていたわけです。

これって技術がない時期から、雰囲気だったり会話力だったり、立ち回りだったりそういったことを意識していたからなんです。

会話力って練習しないとつかないものなんです、美容師って手も動かしますが、口も動かさないといけない職業なんです。

売れっ子美容師はみんなトーク力がずば抜けているっていわれています、ぜひ参考にして会話力を身につけましょう。

この記事はかなり気合をかけて書きましたので、良かったらシェアしていただけると嬉しいです。