美容室売上アップ

美容室売上アップの悩み、集客の悩みを抱えてる経営者へ

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室売上アップの悩み、集客の悩みを抱えてる経営者へ

美容室の売上アップと集客の悩みは大きな問題として経営者を悩ませ続けています。

どんな方法で広告を打てば反応がとれるか?

どんなチラシの内容にすれば反応がとれるのか?

集客方法ばっかり視点がいってしまう経営者が多い。

実は広告やチラシがいくら良くても売上って伸びていかないんです。

たしかに集客をしなければそこそもあなたの美容室にお客様がきてくれないので美容室経営に大きなインパクトを与えますが、新規集客だけに力を入れるのは避けるべき。

一番確実に売上を伸ばす方法はリピート戦略です。

売上アップは広告手法を考えて新規を増やすよりも、新規のお客様の失客率を減らすことの方が現実的で即効性があります。

当たり前ですが、1回きてくれたお客様の方にアプローチする方が新規できてくれる方へアプローチをする場合に比べてコストがかからない。

そして来店してくれる確率って新規の方よりも圧倒的に反応率が高いのです、一度来てくれているのでメッセージを添えることもできますからね。

新規のお客様を探すより現状のお客様を大事にすることの方が確実に成果がある

5年後10年後に生き残れているサロン様は、常にこういったリピート戦略の中でも失客を減らす取り組みをしております。

失客をいかに減らせるか、ここを意識しているかどうかが間違いなく成功するか失敗するかの分かれ目になると思います。

常にリピートを意識する施策をやることで、生涯で消費してくれる費用(LTV)が増加する傾向にあります。

一度のお客様で終わるのではなく、生涯のお客様になってもらえる企画力が大事だと思います。

これってそんなの知っているよっていう美容室のオーナーほどしっかりできていないものなのです。

もしこれから美容室経営をしようと考えているのであれば、どういったリピート施策をしようといるのかをしっかり書き出しておく事が大事です。

しっかりと書き出す事で、具体的にどのような方法で施策をすすめていくのかについても戦略を考える必要があります。

もしまだ美容師として独立前であるという方なら、家族や知人などにリピート施策の他のサロンのチラシや葉書などを集めてもらうといいと思います。

地域で繁盛しているといわれている美容室にいって接客を受けてみて感じた点などをしっかりとメモしてもらう。

そして来店してからどれくらいどんなメッセージがくるのか、こういった生の情報はかなりこれから先の美容室経営に影響を及ぼすと思います。

あなたがもし美容師で、同じお店のスタッフに髪の毛をカットしてもらっているとい場合、それは大変もったいないことをしていると思います。

人気の美容室にいってみて、実際にサービスを受けてみる、これってプライスレスな情報を得る事ができるのです。

美容師だからこそみえてくる視点というのもあると思います、現在人気店や繁盛店のオーナーは独立前にしっかり他の繁盛店から経営ヒントをえて勉強をしているのです。

美容室売上アップ&リピート率を上げたキャンペーン企画について紹介

実際にどのようなリピート施策があるのか、実際の美容室で成功した例について書いていきますね。

今回紹介するのは、リピート率をアップさせたサロンが取り組んだキャンペーン企画についてですので、そのまま応用してもらえればと思います。

■来店すればするほど割引率が高くなるカードを発行

(通常は初回安くて、後から高くなっていく施策が多い)

携帯電話会社も長期を割引くキャンペーンをやっていますが、それの美容室バージョンです。

初回を50%オフとかしてしまうサロンが多い中、初回20%2回目25%3回目30%といったような施策。

初回安いキャンペーンではリピートが少なかったけれど、どんどん来店数が増えることに割引きをするほうがリピート率が増えたそうです。

初回だけ安くするキャンペーンを乱発している美容室との差別化ができて、来店頻度が多ければお客様との距離もどんどん近くなります。

■ヘアカラーの年間パスポート29800円という施策で1年間何度でも無料

→これは2~3か月に1回という計算だと年に6回多くても10回使う方がいらっしゃるようです。

1回購入したら何度も来店されます、来店頻度が間違いなくあがり、カットやパーマやトリートメントなどもするようです。

生涯顧客になってくれる確率が高まります、最初にお金を一括でいただいているのでお客様としては何度でも使用したいと思ってもらえるのがポイントですね。

白髪が目立って気になってリタッチを毎月やりたいと思っている人って結構需要があるようで、間違いなく来店頻度があがります。

現在の美容室業界は来店頻度が10年前は2ヶ月に1回だったのもが、今では3ヶ月に1回、4ヶ月に1回という人も増えているのが現状です。

カラーの年間パスポートはこういった回転数をあげてもらえるという意味でも大きな効果を発揮してくれているのは間違いありませんね。

こういった面白い企画なので口コミも起こりやすいと特徴があります。

リピートしてくれるお客様の方が新規顧客よりも売り上げに貢献してくれる

新規の顧客よりもリピートを意識するこれが何よりも大事な考え方です。

売上に悩んでいるとどうしても新規顧客を開拓したくなりますが、新規比率は最終的には20%前後でリピート客が80%という比率が理想です。

リピート率を意識しなければ経営というのは衰退します、長く経営している美容室というのはみんなリピート率がとても高いのです。

リピート率があがっている美容室っていうのはお客様の満足が高いという証拠なのです。

リピート率って経営を続けていけるかのバロメーターです。

分析をしていない人は徹底的に分析をしてみてください。

この記事では集客に困っている人につげたいメッセージを書きました、ぜひ参考にしてみてください。

美容室経営を長くやっているけど一向にお客様の来店が伸びない、去年の同じ時期と比べても伸びていないという事であれば何か問題があると思います。

そもそも出店している地域と価格帯があっていないのかもしれませんし、集客の方法が間違えているのかもしれません。

美容室経営で集客に悩んでいるのであれば相談してみるのもアリ

美容室経営で集客にも売上に悩んでいて、売上も安定しないのであれば実際に繁盛して利益を出している美容室に相談してみるのもアリだと思います。

さきほど記載しましたが、もし集客もできずに売上も伸びていかないのであれば、経営の仕組化が全くできていないという事なので、ここを変えなければ収益体制になりません。

もし仕組化も集客もできないのであれば、そのまま美容室経営をしていても廃業への道を辿ってしまう事が濃厚です。

美容室の集客や仕組化に困っているのであれば、現在の美容室を使ってフランチャイズに加盟することも検討するべきかもしれません。

すでに美容室を持っているのに、そんな事をしてくれるところがあるのかと心配になるかもしれませんが、実際に既存店でも加入できる美容室チェーンがあるのです。

パチャラ美容室
070-6477-5827

パチャラ美容室ってなんといっても既存店でもそして居抜き美容室でも加入ができるというのが特徴的です。

パチャラ美容室はなんていっても集客力がずば抜けているのです、そしてなんと美容メーカー直営なのです。

美容室経営で材料費用がなんといっても安く仕入れられるというメリットがあり、そして市場調査などがしっかりしている点ですかね。

カラー剤の値段などの仕入れ値を聞いたらびっくりしてしまうレベルです、もうディーラーから仕入れることできなくなるレベルです。

既存店でも加入できる美容室チェーンはパチャラがおすすめ

既存の美容室でも開業できるフランチャイズ美容室は全国を探してもパチャラだけではないでしょうか?

私が知っている限りでは居抜き美容室でも既存の美容室でも加盟できるというのはパチャラ以外に見たことはありません。

美容室フランチャイズとして既存店でも加盟できて、さらに月額ロイヤリティーも固定

そして材料もメーカー直営サロンなので仕入れも安価で、人材育成システムも揃っている、集客力も抜群なので安定までも早い。

もしフランチャイズ美容室を検討しているのであれば、パチャラは絶対に外せないでしょうね。

もし美容室のフランチャイズを検討しているのであれば、見学だけでも話だけもききにいくべきだと思います。

パチャラ無料相談
070−6477−5827

もしパチャラの美容室に興味があるのであれば、一度お客としてサービスを実際に受けてみるといいと思います。

おそらく今までの居抜き美容室のイメージが変わると思いますよ、店内は綺麗ですしなんといってもお客様で毎日賑わっているサロンです。

こんなにきれいな美容室なのに居抜き物件なのって今までの常識を覆すことになると思います。

美容室経営をこれからするのであれば500万円以下でスタートできる

もしこれから美容室経営をスタートを検討しているのであればパチャラの美容室の加盟を検討するのもありかもしれません。

正直500万円以下で美容室をオープンすることができるのであれば、自分で美容室を1から開業するよりも安い値段で開業できてしまいます。

フランチャイズのロイヤリティーや加盟金を考えたとしても、経営ノウハウのない美容師がやるよりも成功率も格段にアップすること間違いなしです。

すでに複数店舗のフランチャイズオーナーを生み出している美容室なので、金融機関の融資も個人で作成するよりも信ぴょう性もあがります。

フランチャイズ美容室のオーナーの方が成功確率が上がりますし、実際にオーナーの年収も高いというデータが出ています。

美容室フランチャイズの加盟を検討しているならパチャラ美容室は絶対に外さない方がいいでしょうね。

大手フランチャイズ美容室の4分の1のコストで出店もできてしまいますし、さらにサポートも手厚く、なんといってもランニングコストがかかりません。

美容室集客で悩んでいるのであれば、実際に繁盛している美容室からアドバイスをもらうのが一番です。

なんといってもカラー剤などの材料費が安いので、それだけでも問い合わせてみる価値があるかもしれません。