美容室経営悩み

美容室経営者の悩みの人材不足、人材確保が出来ない理由とは?

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室経営者の悩みの人材不足、人材確保が出来ない理由とは?

美容室経営者の悩みでスタッフの不足、つまり人材確保がうまくいっていない。

これって人材募集の求人とかそういった問題ではなく、あなたがスタッフの気持ちを理解していないから、スタッフが来てくれないと捉えるべきなのです。

求人広告をいくら工夫したって、お店側がスタッフの気持ちを理解できないと変わらないと思うのです。

なぜ良い人材が集まらないのかってスタッフの気持ちをしっかり考えていないとこれからも人材不足に悩み続けなければならなくなります。

まずスタッフが今のお店をやめたいと考える理由は給与だいうことを知っていますか?

求人広告には成功報酬を含めた高い給与設定をしているのに、実際に働き出したらその金額を出さないというのではそりゃスタッフは離職してしまいます。

スタッフが辞めたい理由は63%は給与が不満だからだという事実

美容師って給与でなくてやりがいだっていわれるような職業ですが、実はアンケートをとると辞めたい理由の60%以上はやはりお金の問題なんですね。

スタッフに直接聞いても答えてくれないのがお金や待遇の問題だったりしますね。

美容師に直接おこなったアンケートについてどのようなお店で働きたいと思っているのかランキング形式で公開いたします。

もちろん辞める前に給与が少なかったので辞めますってオーナーにいう人はいないですからね。

美容室経営者はいつまで経ってもスタッフが辞めてしまう理由がわからないままって方が本当に多いのです。

これから美容室経営者を目指すのであれば、スタッフだった時代にどんな不満を持って離職をするのか、しっかり書き出してみるといいと思います。

現場の生の声をきいて改善に活かすのが一番だと思います、それではアンケート結果をご覧ください

どんな美容室で働きたいですか?についてのアンケート結果

1、アットホームな雰囲気の美容室

(出来ればオーナー1人ではなく同年代のスタッフがほしい)

個人経営の美容室の場合、基本的にスタッフはオーナーと2人きりで現場で勤務しなくてはなりません、個人経営の美容室は敬遠される傾向にあります。

もしあなたがスタッフだったら、美容室経営者であるオーナーとずっと業務中一緒だったら心が休まる暇もないですよね。

スタッフを複数雇用する事で、スタッフの離職率は実は劇的に下がるのです、同僚がいるというのは相談相手がいるということなので精神的にもリラックスできるのです。

 

2、経営方針に共感が出来て、オーナーの人柄が良い

(怖くて怒るオーナーは嫌)

美容室経営者は取引先やお客様にはとても優しく接しているのにスタッフにはものすごい厳しいという方がいます。

美容室の経営はスタッフがいなくては利益を出すことはできないビジネスなのです、日頃からスタッフに感謝する気持ちを持つべきなのです。

職人気質が強いスタッフとぶつかってしまう美容室経営者って多いんですが、個性があったほうがいいくらいでドーンと構えておくべきです。

 

3、スタッフの服装がおしゃれで同僚と話しやすい

→ここで分かるのがスタッフに同僚がいるお店でアットホームなお店がいいということが分かる。

1人オーナーのお店は人材確保に苦戦するというのがこれから分かる。

最低限のスタッフだけいればいいと思っているうちは美容室経営って一向に安定しかないというのがこれでわかったと思います。

スタッフを何名雇用するビジネスモデルを当初から考えているかで美容室経営がどれだけ黒字化するかが決まるといわれています。

さきほども記載しましたが、スタッフの人数が多ければ多いだけ離職率が下がります、そして美容室の雰囲気も良くなります。

オーナー1人とスタッフ1名ではいつまで経っても昇進もしないですし、給与があがるタイミングがないので辞めていってしまうのです。

どんなオーナーの下で働きたいですか?についてのアンケート結果

1、人間的に尊敬できる(人間力がある人)

2、スタッフに慕われている優しいオーナー

3、知識が豊富で視野が広く、色々面倒を見てくれるオーナー

オーナーがスタッフから尊敬されるような言動を普段からとる重要性がこのアンケートから分かりますね。

今のスタッフは厳しいだけでは辞めていってしまいますし、2に関してさきほどから記載しているように他にスタッフを数名雇用しているとさらにいいですね。

面接時には見た目が優しそうな服装をきるのもいいかもしれないですね。

本当は優しいのに、服装が怖そうだと思われてしまったら、人材採用は難しいと思いますので、言葉遣いには日頃から最新の注意をしておきましょう。

美容室経営者で多いのが、スタッフとのコミュニケーションが苦手という方、この場合は面倒見の良さそうな店長を採用するといいと思います。

なぜ複数のスタッフがいる美容室が選ばれるかというときちんとした昇進やステップアップが期待できるからです。

成長に合わせてポジションもあがりますし、やる業務内容自体がしっかり変わります。

これがもし美容室経営者とスタッフの2名だったらずっと同じポジションでやり続けなければならないわけですから。

どのような給与体系が良いと考えていますか?についてのアンケート結果

1、高ければ高い方がいい(歩合制を導入してほしい)

2、生活出来ればそれでよい(週休二日制でプライベートを充実させたい)

3、金額よりも働きやすさを重視している(休みたいときに休むと言いやすいお店がいい)

→給与よりも休むを重視している人が年々増えているという印象ですね。

雇うスタッフが少ないと休みを取りたくても取れないといった悩みを抱えている人が多いそうです。

そのため、オーナー1人のお店は敬遠される傾向にあるそうです。

大型店ではスタッフの定着率が高いことがこの結果からも分かります。

美容師となった時点で高い給与を最初から要望していない人も増えているというデータが出ております。

休日をしっかり確保できてプライベートを充実できるかといったように一昔前とは大きく働き方が変わっている点も考慮する必要があると思います。

福利厚生についてどう考えていますか?についてのアンケート結果

1、研修や講習が充実していることを重要視する(とにかく成長して次のステージへ)

2、週休二日制や有給休暇をきちんと取れる美容室であってほしい(休みが取れないというのが悩み)

3、社会保険の完備をしてほしい(国民年金では不安である)

→とにかく成長意欲がとても高いことがあげられました、講習会や研修会を充実していることが求められているのかもしれません。

美容師さんはなんといっても成長したい、もっと色々覚えたいといった願望が他の職業と比べても断然に高いことがデータからも明らかになっています。

美容室経営者の方が自ら講習会をやらなくても、メーカーが訪問してくれて技術講習をしてくれたり、メーカー主催の技術講習会に参加させたり成長する機会を与えてあげましょう。

成長する機会を与えてあげるだけで間違いなく離職率は下がると思います。

そして社会保険の完備や週休二日制や有給休暇がとりやすい美容室であるというのがこれからの課題になってくるかもしれませんね。

ただそのためには、しっかり利益が取れる体制を早めに築き上げることが大事だということです。

美容室人材不足の問題はスタッフを知ることから始めましょう

こういったアンケートも10年前では全く違った結果になった可能性があります。

時代によって求められるものが変化する時代になっております。

そういったニーズをつかんで募集をかけていくのが一番有効的です。

美容室の経営に人材確保は必須です。

美容室経営ってスタッフで決まるところが本当に多いからです。

アンケート結果からスタッフの要望を読みとり、採用に役立ててほしいと思っています。

今回の記事では美容室の求人に役立つアンケート結果について公開しました、ぜひ参考にしてみてください。

美容室経営はこれから人材確保がこれからの課題だといわれている業界なのです。