美容室開業

美容師が独立失敗に終わる理由は勘違いによるものだった。

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容師が独立失敗に終わる理由は勘違いによるものだった。

美容師の独立開業って勘違いでうまくいかないってことがあるんですね。

えーいったい何のこと??ってわからない人もいるかもしれないので、今回はそういったテーマについて書いていきたいと思います。

美容師さんって技術が良ければ高い値段をとっても問題ないと思っている人が多いですよね?

たしかにそれは間違いないですのですが、これはお客様との信頼関係が成立して初めてそういった高価格帯でもやっていけるのです。

オープンしたばかりのお店でいきなり高いお店だったら、あなたなら行きますか??

たしかにあなたの技術が高くて、高価格帯をとりたいという気持ちはわかりますが、いきなりはなかなか難しいのです。

ブランド力があるから、高価格帯がとれるって商売が結構ありますが、ブランド力がない状態だと難しいです。

コーヒーが1000円する高級ホテルのラウンジなら次回も利用する可能性がありますが、個人の喫茶店が1000円のコーヒーなら通常は一度きりでしょうね。

美容室で高単価のサービスを提供するのではあれば、まずその前提として信頼関係がなければならないということなのです。

美容師として一流だと高価格帯をとってもいい感覚になっている

美容師って独立する前ってとにかくサービスの質に自信を持っているケースが多いですし、独立してもやっていけると感じているのです。

有名なお店のトップスタイリストだったりするとカットは5000円以上は当たり前って感じになっているのです。

なかには1万円前後でカットしていた人もいるかもしれませんね、だから自分でお店をやるときに値段設定に困るわけです。

価格をどうやって設定しようか、それはなぜかというとジュニアスタイリスト、スタイリスト、トップスタイリスト、エグゼクティブスタイリストって風に通常はランクがあるのですが。

お店を始めたばかりの時には、自分しかカットをする人がいないからです、自分が安い値段でカットをしてしまうとこれから先の料金体系はどうしたらいいのかとか悩むわけです。

大型店で働いていた美容師は独立した時には自分一人しかいないのですから、ランクづけもできないのです。

ここでカットを2000円とするのか、5000円とするのか、1万円とするのかによって来客するであろう人数も顧客数もそして来店する層も変わってきます。

あたりまえの話ですが、分かりやすい料金体系にすることをこころがけなければなりません。

そして定価をいじらないためにしっかりと値段設定をするまでに時間をかけることなのです、今の時代で値上げをするのは顧客離れの原因にもなるからです。

独立する美容師さんって価格設定の考え方が間違えている方が多いのです。

えーそんなことないよって方はこの際にチェックしてみてください。

低価格美容室=施術時間をあまりかけない(短時間でスムーズにやる)サービス

「高価格美容室=施術時間をかけた(ゆっくりと丁寧にやる)サービス」

実はこの考え方が根本的に間違えています、特に高価格の美容室の考え方が間違えているのです。

ゆっくりと丁寧に施術をすれば、満足度があがると思っているのは大きな間違いであるといわれているのです。

高価格がとれるサービス=施術を素早く正確に行い、他ではできないと思ってもらうこと」なのです。

施術時間が短くても青山のお店などでは、満足度が高いので、月に300万以上、中には500万円の売り上げをあげるスタイリストがいるわけです。

施術した時間の長さで料金が変わるわけではない

1000円カットは10分、5000円のカットは50分って感覚でいるので、実際に稼げる金額に限界値が出てくるわけです。

高価格帯でカットをしている人は、50分かかるといわれているカットを15分とかで仕上げてしまって1万円という料金がとれる。

料金を5000円とかに設定している人はマッサージやドリンクをサービスしていたりして時間を長めに設定していますが、これでは時間10分で1000円という概念を超えていないのです。

もし高価格帯で本当に勝負したいのであれば、施術を素早くなおかつ満足してもらえる環境もテクニックも必要だということです。

今回の記事では、高価格帯の美容室を開業しようとしている美容師さんが勘違いしている点についての内容で書いてみました。

美容師が独立する上でサービス価格をいくらで提供するのかは成功を大きく左右します。

どの地域に出店するのか、どの層をターゲットにするのか、従業員を何名にするのか、月に来店目標をどれくらいに設定するのか?

こういったしっかりとした経営戦略を立てていないので失敗をするのです、実際に美容室を開業してしまう前にしっかり経営計画を立てなければならない。

これがしっかりとしていない状況でスタートをするとこの価格表はいじることはできないのです。

美容師が独立に失敗する理由はメニューの設定が間違っている

美容師として開業独立をすると価格表をしっかり練りこんでいないって人が多いのです、先ほども書きましたが価格設定で全て変わってくるのです。

これから独立を考えている美容師さんってどうやって値段設定をしているかというと本当に安易な考えで、今まで働いていた美容室の値段設定を真似るのです。

なぜそのような気持ちになるかというと、それは以前その価格で提供をしており変更するのに心理的な抵抗があるからなのです。

これって無意識にそういう価格帯でメニュー表を作ってしまうのです、これって実は大きな問題ですね。

以前働いていた美容室ってオープン当初からその値段設定できやっていたかどうかわからないわけですし、スタッフも数名抱えている美容室。

そして何よりもお客様とすでに信頼関係もしっかり築けているから現在の美容室の価格になっているという状態になっているからです。

もともとの条件が違うのに、同じ価格帯でスタートして果たしてお客様が来てくれるのか、それをしっかり考えるべきなのです。

美容師として独立する前のお客様はほとんど来てくれない

美容師として独立をするきっかけとなるのは固定のお客様が実際にたくさんいて自信がついているというケースなんです。

お客様に独立の意思を伝えると、もしオープンしたら教えてくださいねって言われて、もし個人的に連絡先を知っている方であれば直接オープン前に連絡を入れる形になります。

今までのお客様ってかなり高い確率でオープン時には来てくれる方が多いんです、お祝いを兼ねてサービスを受けに来てくれます。

ただ実際に考えなければいけないのは、実際にリピートとして通い続けてくれるお客様は少ないということです。

それはなぜかっていうとやはり美容室って勤務場所から行くのに便利だとか、住んでいるところに近いってのが選び理由の第一位だからです。

美容室の商圏って物凄く限定的なんです、基本的には自分の住んでいる所から半径3キロ以内か、職場のすぐ近くといったところしかないんです。

もちろん美容室のためだけに遠方まで行くケースもありますが、それは本当に稀なんですよ、厳しい言い方かもしれませんが既存のお客様は優良顧客にはなりえないんです。

すでに持っているお客様を引き連れたいのであれば、以前勤務していた美容室の付近にお店を出すしかないですね。

この場合以前の美容室の経営者との関係は良好ではなくなってしまうと思いますが、もし既存のお客様を引き続きよびたいのであればこの方法しかありません。

美容師の独立前のお客様は来ないものだと割り切る必要がある

美容室をこれから開業をするって場合には、通常は以前勤務しているところからはある一定の距離をおいて出店するはずです。

以前のお客様はたまに来店はあると思いますが、長期優良な顧客とは原則なり得ないとわりきるべきです、美容師で独立に失敗している人はみなこれを見込み客にカウントしています。

新規で美容室を別の駅で開業する場合には、たとえ近い場所であったとしても最初からいないものだと考えて経営戦略を練って行く必要があります。

美容師として独立したら必ず応援してくれるだろうという甘い考えはもたずに完全に0からスタートする気持ちを持っていた方がいいということです。

厳しい状況からスタートをするという覚悟が足りていない場合、もし見込み客がきてくれないとなると一気に経営を圧迫します。

しっかり広告戦略で新規をよべるような体制を作っていなければスタートダッシュに失敗してしまい、どんどん経営状況が悪くなります。

既存のお客様は来てくれたらラッキーくらいでとらえておかなければならないです、失敗する美容師はここの考えが甘いのです。

美容室が開業したらお客様は広告さえすれば来てくれるはずって思っていたりするのです、実際にはそんなに甘くありません。

美容師の独立は成功する確率はたった10%だと認識しておくこと

美容室の業界って都内では駅前を歩けば美容室といわれるほど飽和しているといわれています。

厳しい現実をいうようですが、3年間で廃業する確率はなんと90%といわれているわけです、つまり開業独立をして成功する確率はたった10%の美容室のみ。

こんな厳しい状態であるのに、融資を受けて次々と美容室が新規でオープンしている状況です、日本の総人口は減っているのにも関わらずです。

冒頭から書いていますが、サービスメニュー価格をしっかり戦略を立てておく、既存のお客様は来店されないという気持ちで、どうやったら新規を獲得できるか考え抜く。

こういった作業をしっかりしていないので美容室を開業してから経営に苦しむケースが多いのです、ここをしっかりと頭に置いておく必要があります。

美容室って今までのようにオープンすればお客様がくると言う時代は終焉しており、厳しい競争の時代に入っているのです。

新規お客様を獲得するコストも増加しており、リピートをしてもらうためにはある程度リピート施策も大事です。

どういった集客をしてどういった施策をうってリピートへ導くのか、ここをしっかり考えておかなければ失敗する方に入ってしまいます。

美容室はオープン前にどれだけ戦略を練ったかで勝負が決まるといっても過言ではないです、ぜひ参考にしてもらえればと思います。