美容室売上アップ

美容室開業の売り上げを左右するメニューの価格の設定の仕方について

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室開業の売り上げを左右するメニューの価格の設定の仕方について

美容室のメニュー表の価格って売り上げを左右する大事な要素だといわれております。

美容室を選び基準に関するお客様のアンケートで「美容室の価格について意識しますか?」って質問に対した結果。

なんと90%の方が価格を意識しているという結果だったのです。

価格ってあいまいに決定しては絶対にダメだということが、わかっていただけると思います。

ですがこれが実際にできていない人が多いのです。

今回は売り上げを左右すると言われている美容室の価格設定について書いてきたいと思います。

最近のお客様は美容室の適正価格について調査をしてから来店しています

今やインターネットを使うと美容室の価格はすぐに検索で調べることができる時代になっています。

あなたは適正価格をどうやって導いていますか?

近くにあるライバル店がこの値段だからそれよりも少し安く設定しようと値段を決めたりしていませんか?

→これって何の根拠もないメニュー作成であり、コンセプトがないのが特徴です。

さらに安いお店が近くにできたらどう対応しますか?

平均的な価格を参考にして値付けをしていたりしていませんか?

→安くもなく高くもなく平均的な値段は悪くないですが、あなたの美容室の強みってどこにあるのでしょうか?

地域によっては勝手に富裕層が多く住むエリアだからと高い設定をしても大丈夫だろうと高額メニューにしていたりしませんか?

→富裕層だらけで豪邸でベンツの方でも100円ショップ、1000円カットを利用する時代がやってきていることをご存知でしょうか?

そして豪邸付近は世帯数が少ないですが、ライバル店に勝るサービスなどはどれくらい用意をしていますか?

こういったなんとなくで価格表を作ってしまうのがあとであなたの美容室を苦しめることになるのです。

美容室の価格設定(メニュー)は2極化が進んでいるといわれています

最近ではロープライスな美容室が多く登場していることで業界全体の客単価が下がってしまったということが発生しています。

ですが、今までよりも高額な美容室も年々売り上げを伸ばしていたりする現状もあったりします。

現在一番売り上げに悩んでいるのは平均的な値段で勝負をしている美容室だといわれております。

平均的な値段をつけて、平均的なサービスではお客様をひきつけることは難しい時代が到来したのかもしれません。

メニューの価格設定がこれほどまで大事だといわれているのは、美容室開業後にメニュー表の価格を変更することが難しいからです。

最初にこの値段で勝負すると決定したら、それでずっと戦うしかないのです。

だから美容室開業時には価格設定に時間をかけなければならないのです。

今回の記事では美容室の価格設定の重要性について書きました、参考にしていただければと思います。

美容室で高価格帯で売上をあげるのは至難の技であると認識せよ

美容室でこれからの時代、美容師から独立してすぐに高価格帯で勝負するというのは難しい時代に来ているということをお話しします。

美容師として独立するってなった際に、価格の設定ってとっても大事な要素になっているのは間違いありません。

当たり前ですが、美容師さんとすれば1円でも多くの単価を取りたいと考えるはずなんです。

しかし高価格帯のメニュー設定をするのであれば、お客様との信頼関係がないと難しいというのが現実問題としてあるわけです。

美容室を開業したばかりで高価格帯で勝負というのは本当に難しい、実際に廃業している美容室って一番このパターンが多いのです。

高価格帯であれば、もしサービスを知っていてもいかない層がいるのに、それがオープンしたての美容室であれば来客数がかなり限られます。

高価格帯でサービスを提供するのであれば、場所も一等地に限られますし、内装も綺麗にしなければなりません。

もちろんプライベートサロンとする戦略があるかもしれませんが、これには信頼関係がないと難しいわけです。

高価格料金でやろうとするとなんといっても固定費用がかかるのです、ですからあまりおすすめはしないです。

美容室集客で高価格帯をやりたいなら、まずは1店舗目を軌道にのせろ

美容室って最終的には高価格帯でサービスを提供したいって独立する前の美容師さんってだれもが思うはずなんです。

ですがこれってあえて1店舗目でやる必要はないと思うんです、高価格帯でやろうとするとさきほどから伝えているように固定費用が経営を圧迫します。

そして信頼関係がない状態ではお客様がまず来店をしてくれないので、サービスを提供したくても提供する機会がないのです。

まずはロープライスの美容室で経営をある程度、回るようにしてもらってから余剰資金で自分のこだわりの美容室を経営するってのが理想です。

既存のお客様で高価格帯を望む層もいるでしょうし、信頼関係もしっかりできていれば料金が多少上がっても問題はありません。

そして一番は、他できちんと収入があがっていることで、精神的な安心があるのが大きいですね。

もし安定した収益がなければ、精神的な余裕がないのでゆっくりと1人1人のお客様に接すること自体が難しいですからね。