美容室売上アップ

美容室売上アップの悩みを解決するには企画力が必要だと判明

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室売上アップの悩みを解決するには企画力が必要

美容室売り上げの悩みを持っているオーナー様って特徴のない美容室運営を行っている場合が非常に多いのです。

美容室の売り上げ=客単価×人数って思っていませんか?

美容室の売り上げアップに今求められているのは、それに企画力を加えたものなのです。

美容室の売り上げ=客単価×人数×企画力

企画力のない美容室はどんどん衰退するといわれる時代がやってきたのです。

美容室のコンセプトを打ち出して、どんどん新たな企画を展開していかないと売り上げが伸びないとされています。

美容室のコンセプトについては考えているけど、それを打ち出す企画力がないと売り上げには直結しないので、企画力を鍛えるトレーニングをしたほうがいいと思います。

これからの時代は自分から情報を発信していかないと周りのライバル美容室にやられてしまい、失敗して廃業する美容室になってしまいます。

美容室の売上に悩みを持っている人は数字に弱いので数字を意識する

美容室経営で売り上げに悩みを持っている人って数字に弱い人が多いのです、そしてスタッフも数字を意識して営業をしていないのです。

ノルマを設定する必要はないのですが、スタッフにもある程度の目標を与えておくことが必要だということです。

スタッフの1人の生産性を70万円以上に設定する、1人で接客する顧客数を100名以上、できれば150名以上と設定するなど。

こういった具体的に数字に落とし込んで、スタッフに意識させるだけでも売り上げアップにつながると思います。

そして、一番意識しなければいけないのが、高単価営業メニューの戦略です、高単価メニューは利益率も高いわけですから。

美容室の売り上げの悩みは高単価メニューの比率で解決できる

あなたは美容室の高単価メニューの構成比率を意識していますか?

一般的な高単価営業戦略の標準値は以下の通りです。

1、カラー45%

2、トリートメント35%

3、パーマ20%

最近パーマをかける人が年々減少傾向にあります。

それはコテなど自宅で簡単にカーリングができる技術革新が原因だといわれております。

あなたは、自分の高単価メニューの比率を正しく理解できていますか?

美容室の売り上げの悩みを解決する法は売り上げ分析である

まずは自分のお店の現状を正しく理解すること。

メインの顧客として来てくれている年齢層を比率で分析してみる

そして売り上げの高単価メニューの構成比率を先ほどの標準値と比較してみて、どのメニューが標準値より突出しているのかを分析する。

自社で強いものを伸ばしていくことで売り上げアップに大きく貢献します。

こういった売り上げ分析ができると広告の打ち出し方も変わってきます。

売り上げ分析は今や数字やグラフをするのは比較的簡単にできてしまう時代です。

こういった数字を使ってスタッフに数字で落とし込んでいく。

こういった取り組みは美容室経営で売り上げに悩んでいる方に役に立つ情報だと思います。

今回の記事では売り上げ分析の重要性、そして美容室の売り上げを上げていくには企画力が大事であるというテーマについてお伝えいたしました。