美容室開業

美容室開業の失敗は美容師の知識不足が原因だった。

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室開業の失敗は美容師の知識不足が原因だった。

美容師って独立前に経営の知識が明らかに不足しているっていわれています。

美容室経営ってどれだけ広い商圏があると思っていますか?

あなたがこれから美容室を開業しようとした際の見込み客について質問したいと思います。

ターゲットとしてお店を中心としてどれ位の方が来店いただけると思っておりますか?

これを独立前の美容師の方に質問すると5キロ圏内とか10キロ圏内とかって回答が返ってくるのです。

美容室の商圏を正しく知らないと経営は悪化する

これって明らかにターゲットを広く設定しすぎなのです。

たしかに数名は隣の駅から通ってくれる人がいるかもしれないですが、メインターゲットは広くても3キロ圏内だといわれています。

えーもっと広い範囲だと思ったって人は、実際にお客様のデータを分析をしてみてください。

今働いている美容室のデータでもいいので、そういったカルテを使って分析をしてみるといいかもしれませんね。

たとえネット集客で遠い地域から集客してもリピートしてくれることはないのです、だから経営を苦しめるのです。

きちんとした数字で根拠のない美容室経営をしているから、そりゃ潰れるって話です、美容室経営で長期で利益を出したいなら経営を勉強するしかない。

美容室開業して集客方法を考えるなら地域密着をやるべき理由は商圏の理解

美容室の集客で悩んでいる人が本当に多いのはご存知の通りだと思います。

集客ときくとかなり遠いところからも、お客様を呼べると勘違いしている人が多いのです。

少し離れたところから来てもらえることはあるかもしれませんが、そういった方はリピート客にはなってくれないのです。

美容室のメインターゲットのお客様に目がいかなくなった経営者は、失敗の道を辿るのです。

美容室集客で悩んでいる人の特徴は、集客の範囲を広げすぎているのです。

遠いところから来てくれることを考えているから、広告の出稿エリアを無理やり広げてしまうのです、これはデメリットでしたかないです。

広告費だけかかってしまう、さらにリピート率が極めて低い、はっきり言いますが新規のお客様から利益は出ません。

利益の根源はリピートしてくれるお客様なのです、ここを勘違いしているからいつまで新規開拓をして利益は伸びていかないのです。

これってどんどんやばい状態になっていくのです。

集客に成功している美容室っていうのは、重要商圏範囲を知っているのです。

美容室開業の物件選びに失敗しないための重要商圏範囲について

重要商圏範囲ってなんだって知らない人のための解説ですが、メインターゲットとして一番売り上げに貢献してくれて、リピートしてくれる商圏のことをいいます。

路面店では、重要商圏範囲はお店から半径500メートルといわれております。

デパートや商業施設でお店から半径750メートルといわれております。

郊外型のデパートや商業施設でお店から半径1000メートルといわれております。

車で来店できる郊外型の商業施設でさえ、美容室から半径1キロ以内がメインターゲットとなるのです。

物件選びは半径1キロ以内にどういった層の方が住んでいるのか?

何名住んでいるのかをしっかりリサーチしないと成功しないというのがこれからわかると思います。

今回の記事を読んで美容室を開業する前に失敗しないためには重要商圏範囲を知っていることが大事だという内容でした。

きちんとした数字に基づいて開業をしないと廃業してしまうことになりますよ、まずは経営の勉強をするのが一番でしょうね。