美容室開業

美容室開業失敗と売上不振は出店エリア選定の失敗が原因だった。

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室開業失敗と売上不振は出店エリア選定の失敗が原因だった。

美容室開業して失敗する人、売上が伸びないと悩んでいる人が全国でどんどん増加しております。

同じように開業して成功する人と失敗する人がいますが、その差ってなんなのでしょうか?

実は出店エリアの選定が甘かったから、そしてエリア選定の基準をしっかり設けていなかった事だといわれているのです。

美容室の物件選びって大事だといわれていますが、それと同じくらい大事なのが出店エリアの問題です。

出店するエリアがあなたの美容室開業後の失敗と成功を分かる70%以上の要素を占めているのです。

美容室経営を駆使することで成功確率をあげることはできますが、出店場所があまりに悪い場合には早期で撤退して、別の場所でスタートした方がいいかもしれないです

今回はその出店エリアの選定の仕方について少し書いていきたいと思います。

美容室開業の出店エリアに明確な基準を設けていない人が92%

出店エリアについて明確な基準を設けていない人がなんと90%を超えている、これって恐ろしい数字です。

なんとなく、このエリアでとやりたいなぁ、良さそうな物件が出てきたから契約しようという人が多いのだそうです。

これじゃあ最初から成功するわけがないといったレベルですよね、だって成功要素を決める70%以上を決定するのをなんとなくで決めているのですから。

美容室開業をするのに大事なのはなんといっても地域を意識することなのです、そして最終的には地域密着の美容室をつくるのがゴールなのです。

しっかりとした出店できる基準設定をするべきなのです、あくまで参考ですが私が実際に使っていた数値を使って説明をしていきたいと思います。

新規オープンするかどうかの基準はその出店する物件の半径一キロ圏内の人口によって基準を設けていました。

人口の基準は15000人以上いるかどうか希望とすれば2万いればベストですね。

これは出店する地域差によってもばらつきがあるので、ご自身である程度の基準を設けることです。

美容室開業の出店エリアの人口分布図をしっかりリサーチすることが大事

出店エリアの人口だけでなく、出店エリアの年齢別人口の構成までしっかりチェックします、住所別の人口構成、競合店情報などをすべて洗い出します。

こういった情報は現在は全てデータとして調べることができるようになっております。

あなたの出したいお店と実際の人口分布図があっているのか、こういった数字を見える化することで新しいものが見えてきます。

こういった調査をしっかりやっている美容室経営者って少ないんです、だから成功率が低いのですね。

やみくもにただ駅前だからとか、人通りが多いからって理由で出店エリアを決めてしまうって人がこういったデータ分析している人に勝てるわけないですからね。

今の時代は運とか勘を頼りにするのは大変危険で、きちんと美容室経営にもデータを活用することが求められています。

美容室に来店してもらえるメインターゲットってほとんどが半径3キロ以内のお客様です。

たまに遠くから来てくれる方もおりますが、売上のほとんどを半径3キロの商圏のお客様が占めるといったこともデータで証明されているのです。

今回の記事では、出店エリアの分析の大事さとデータ分析の活用の重要だという内容でした。

データをうまく活用する方についても無料オンラインセミナーで公開しています、データをいかにうまく使うかで成功確率があがるのはいうまでもないです。