美容室売上アップ

美容室経営売り上げアップの悩み解決方法は分析力だ

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室経営売り上げアップの悩み解決方法は分析力だ

美容室って最近客単価が下がったっていわれていますね、これってパーマのお客様が減ってしまったということが原因ともいわれているんです。

ひと昔前は、美容室はパーマ屋さんと言われるほど、パーマが流行っていた時期があったのです。

パーマって客単価が高く取れるので、以前は1日に数人お客様が来れば、お店はうるおうってレベルだったのですが時代は変化しています。

パーマってどれくらいのお客様が自分のお店でサービスを受けているか把握していますでしょうか?

来店数の何パーセントの方がパーマをやってくれているのか、こういった分析は絶対に不可欠なのです。

看板メニューとしてどういったメニューを打ち出すのかは、経営の売り上げの柱を持っているかによっても変わってきますね。

あなたのお店は、そういったメニュー比率を意識して数字で分析をしておりますか?

こういった分析力が売り上げアップの鍵を握るといわれているのです、稼ぎ頭のメニューはなんなのかをしっかり理解しましょう。

美容室売り上げアップには看板メニューが絶対に不可欠

美容室の売り上げをあげようと思ったら、店舗の看板メニューをしっかり作って置く必要があるのです。

稼ぎ頭のメニューはなんなのか、これをしっかり自分のお店で理解できないと売り上げを伸ばすことができません。

人気店に行ってみてください、必ず人気の看板メニューが存在しております、これが繁盛店と暇なお店の違いです。

最近では、カラーの需要がある地域にカラー専門店ができたりしております、これってきちんと看板メニューを打ち出しているから流行るのです。

自分のお店の強みのあるメニューはなんなのか、これをしっかりと把握できるかどうかこれを分析する力にあるのです。

繁盛店は自分のお店のストロングポイントを知っている、そしてなんのメニューが利益が出やすいかをきちんと理解しているのです。

売り上げが伸びない店って、このメニューならお客様が呼べそうかなって毎回広告の内容を変えて発信してしまうのです。

だから、何も特徴のない美容室になってしまう、これってとってももったいないことなのです。

住んでいる地域によって求められているサービスって異なるので、何が求められているのかしっかりリサーチしてください。

美容室の売り上げの悩みを解決するのはメニューの充実ではない

美容室の売り上げをあげようとすると多角化でサービスメニューを増やそうとする人がいますが、それは逆効果です。

売り上げの高い美容室というのは、メニューがとてもシンプル、そして看板メニューを持っております。

パーマが衰退したといわれている時代でも、来店する50%がパーマメニューを受けるというサロンもあります。

なんとカラーを目当てに来られるお客様が80%を超える美容室も実際にあったりするのです。

ストロングポイントはなんなのか、稼ぎ頭となるメニューはなんなのか、地域性を考えて打ち出していきましょう。

やみくもにサービスをすすめていてはお店の特徴も出ませんからね、繁盛店はしっかりと自己分析ができているところが多い。

売り上げをあげたいのであれば、看板メニューを作ることです、メニューはシンプルにしてください。

今回の記事では売り上げアップには分析力が不可欠だという話をしました、ぜひ参考にしてもらえればと思います。