美容室オーナー年収

美容室開業オーナーの年収っていくらなの??

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室開業オーナーになったら年収っていくらなのか?

美容室経営者の成功者がテレビにたまに出ていたり、高級車に乗っているイメージってあるかもしれません。

有名美容室のオーナーであれば、芸能人と結婚したり、モデルと付き合っていたり、豪邸に住んでいたりと夢のある仕事ではあるのは間違いないです。

ただ美容室のオーナーで実際に成功できるのはほんの一部、ほんの一握りだということを知っておかなければなりません。

儲かっている美容室はあることをやっています。

→無料ウェブセミナーはこちらから

美容室経営者のオーナーは80%以上が年収450万円以下

美容室経営者って派手で儲かっているイメージがありますが、年収が450万円以下の人が80%以上だといわれています。

つまり経営者になったとしても80%以上の方が日本人の平均年収よりも低いというデータになります。

それでも美容師から独立して美容室経営者になろうと志す人が多いのは、美容師の平均年収の低さにあります。

実際に美容室で働くスタッフの給与というのは、すべての業界で比べるとかなり低い水準だといわれているからです。

美容師の年収の平均はなんと280万円というとてつもなく低い水準なのです、月収に換算するとなんと23万円という水準です。

美容師という職業が立ちっぱなしで拘束時間が長いことを考えるとものすごく低い水準だといわれるのもわかります。

美容師の平均年収は新卒の年収よりも低い280万円

新卒の大学生よりも圧倒的に低い数字だという計算になります、しっかりと手に職をつけて一生懸命努力をしているのにあまりに悲惨なデータとなっています。

今回のテーマは美容室のオーナーの年収ってどれくらいなのって話題になります。

今まで美容室経営者の方と多くお会いしてきましたが、だいたいの年収を算出する方法があります。

これは美容室を専門に税理士をしている先生からきいたのですが、スタッフの人数でだいたい割り出せるようです。

美容室経営者の年収は雇用人数に比例する

スタッフを3名雇用していて美容室経営者は年収350万円

スタッフを5名雇用していて美容室経営者は年収400万円

スタッフを10名雇用していて美容室経営者は年収600万円

スタッフを20人雇用している美容室経営者は年収1000万円

スタッフを40人雇用している美容室経営者は年収2500万円

この計算だとスタッフを100人以上雇用していたら年収1億円という数字も見えてきます。

こんなイメージでおおかた外れはないよっておっしゃっていました。

美容室開業オーナーの年収がスタッフ数と比例する理由

美容室経営者の年収はスタッフの人数と比例するといわれており、数名で経営をしているようであれば年収は350万円前後といわれています。

美容師の場合には1人当たりで売り上げられる限界の数字があります。

大手の商社マンなどだと1人で数億円の利益を会社にもたらすスーパー営業マンがいたりしますが、美容師の場合にそれはできません。

月に200万円を売り上げられるスタイリストなんて本当に数えるほどしかいないのです。

つまり超一流のスタイリストであっても、年間でお店に与える売り上げでいうと2000万円ちょっとなのです。

歩合制で50%だとすると超一流で年収1000万円といったところでしょう。

ですが通常の美容師さんであれば1か月あたりの売り上げは60万円前後と言われています。

実際にスタイリストの年収ってどれくらいなのか?

実際に国が発表しているデータを参照してみてみましょう。

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、美容師および理容師の平均年収は30.2歳で約285万円となっています。

・平均年齢:30.2歳
・勤続年数:6.7年
・労働時間:174時間/月
・超過労働:8時間/月
・月額給与:232,800円
・年間賞与:61,500円
・平均年収:2,855,100円

出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。

一生スタイリストとして働くのか、それとも転職をするのか、それとも独立をするのか最終的には3つの選択肢の中から選ばなければなりません。

美容室業界って利益率が高い業界だといわれているので、オーナーとなって独立することで高い年収を目指すことはできますが、失敗のリスクもかなり高いということを念頭においておいてください。

厳しい言い方かもしれませんが、基本的に3年以内に80%以上の美容室が廃業、10年営業を続けれる美容室はたった3%というのが現状です。

美容師の年収はこれからも上がることはない

美容師の年収はこれから上がることはないといわれています、なぜかというと美容室自体が増えており、そしてほとんどが儲かっていないという状態です。

なんと5年以内に90%以上の美容室は廃業してしまうという状態で、現状でもスタッフの給与を出すのに苦労しているところが多いのです。

スタッフとして働いていても一向に給与は伸びずに、独立したら廃業するかもしれないという大変厳しい状態なのです。

さきほど美容室のオーナーの年収がスタッフの雇用人数に比例すると書きましたが、現在どのサロンも人材の確保に苦労をしています。

美容室経営者として独立したとしても、スタッフを採用することができずに最終的には一人美容室でスタッフ時代よりも手取りが少ないって人も少なくありません。

美容師として独立せずに年収をあげようと思ったら、セット面を借りて完全歩合制の体制にするか、業務委託契約という形でサロンで勤務するしかないですね。

たださきほどからも繰り返しお伝えしていますが、そういった雇用体系にしたとしてもサロンが消滅してしまうリスクもありますのでご注意ください。

美容師の年収を上げるなら経営について学ぶ

→無料ウェブセミナーはこちらから

美容師という職業で年収に不満を抱えているなら、将来はオーナーになるというのが一番現実的な方法であると思います。

ただしさきほどから何度も記載しているように何も知識もなく独立したら廃業するのは目に見えています、そこで経営についてしっかり学ぶことをオススメしています。

美容室経営はしっかり学んでポイントをつかんでいれさえすれば、ライバルを一気に引き離すことができるようになるのです。

経営について少し知っているだけで地域でナンバーワンのサロンになることができる、それくらいこの業界は経営についての知識に乏しいのです。

オーナーとして年収1000万円を達成したいと考えた場合、経営についてある程度の知識を持っているだけで達成できるといわれています。

美容室経営のメリットは資本力があったり圧倒的な強者が存在していないこと、そして地域密着のビジネスであるためライバルが限られている点です。

経営について学ぶだけで成功率が上がるなんて

廃業率が90%を超えている美容室経営について、経営について学んだだけで成功率が上がるなんて信じられないって人がいるかもしれないですね。

ですがこれってまぎれもないも事実で、実際に経営について学んでいる経営者って5%程度って言われているのです、なんと90%以上が経営について知らないまま独立。

そしてなんと90%以上の方が資金ショートをおこして廃業をして借金を背負ってしまうという結末になっています、悲しいですが現実です。

経営についてしっかり学んでから独立した人は高い成功率を誇っています、そしてしっかりと利益を出すことに成功しています。

経営を学ぶと利益を出すのが圧倒的に楽になるのです、もし経営について興味がある方はメールアドレスを登録して無料動画をみてみてください。

実際に多くのサロンが経営について少し学んだだけで驚くような利益体質になっているのです。

経営について無知のままで年収をあげようという考えはやめたほうがいいですし、おそらく実現できないと思います。

経営に関して勉強することでライバルを一気にごぼう抜きして地域でナンバーのサロンになることができます、それだけ経営には力があるのです。