美容室開業

美容室開業に必要な資格と条件は?

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室開業に必要な資格と条件は?

美容室を開業するに当たり、経営者が用意しなければいけない資格は特にありません。

ただし、経営者が美容師の資格を持っていないという場合は、当たり前の話ですが、美容師免許を持った従業員を雇わなければなりません。

美容師の資格は、厚生労働大臣が指定している美容師養成施設で定められた習得した後、実技試験と学科試験に合格すれば取得することができるものです。

つまり美容室免許を持っているスタイリストを1名以上雇用すればいいだけですから、ここは大きな問題となりません。

ただし、スタイリスト(美容師)を常時雇用する美容室を開業する場合には、別途資格が必要になります。

その資格は何かというと管理美容師という資格が必要です、以下のように定められています。

管理美容師の資格が必要なパターン:常に2人以上の美容師が在籍している美容室を開業するのであれば、管理美容師という資格が必要である。

この資格は、美容室を衛生的に管理するために置かなければならず、3年間以上美容師の業務に携わっており、尚且つ特定の講習会を修了した者でなければ取得できません。

この講習会は各都道府県で実施されているので、日程などは各自調べてみてください。

複数店舗展開を視野に入れているのであれば、管理美容師を数名雇用する必要があります。

規模を大きくするには、管理美容師が数名は必要となるのは必須なので、3年以上の経験がある人に講習会に参加してもらって資格をとってもらうのがいいと思います。

美容室開業までに必要な手続きとは?

美容室開業までに必要な手続きは保健所への届けが必要になります。

届け出をする書類は「理・美容所開業届け」を出す必要があります。

理・美容所開業届け施設の概要と平面図、付近の見取り図従事者名簿医師の診断書(結核、皮膚疾患について記載したもので、発行3ヶ月以内)そして、構造施設について、保健所の検査を受ける必要があります。

もし不明な点が保健所に直接問い合わせをすると丁寧に対応してくれるので、直接足を運んで話を聞きに行くのがいいと思います。

通常ですと火曜日が美容室の定休日に問い合わせに行く人が増えるので、保健所は混雑するといわれています。

保健所への届出で注意することは、その営業者と施設の両方とも届出をしなければならない点です。

美容室がここまで増えて競争が激化しているのはなんといっても出店のハードルが下がってきていることがあげられます。

特に必要な資格もなく、美容師が1人いればスタートできる、そして保健所の届け出も通常は問題なく通過できるからです。

今回の記事では美容室開業に必要な手続きと必要な資格について解説しました、開業するのがゴールではありません。

美容室って開業してからがスタートであり、経営についての知識を持っていないとかなりの確率で廃業します。

成功できるのは10%以下といわれている厳しい世界です、それを必ず頭の片隅に入れておきましょう。

美容室経営者なのに経営に何も勉強しない人はうまくいかないケースが多いです。

これから独立を考えているのであれば独立する前にしっかりと経営について勉強しておかなければ家族やスタッフを巻き込んでしまうことになってしまいます。