美容室開業資金

美容室開業資金の自己資金は30%は用意するべき

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室開業資金の自己資金は30%を用意するべきである

美容室開業資金の自己資金は30%できないのであれば、そもそも美容室経営をスタートするべきではないと思います。

1000万円の開業資金を想定しているのであれば、300万円は手元に用意しておく必要があるということです。

美容室の開業にあたって融資を受けるという人は目安としては自己資金の3倍を融資を受けるということを考えておくとよいと思います。

さきほどの計算でいうと300万円の自己資金と融資金額は300万円×3=900万 300万円+900万=1200万円ということになります。

2000万円で美容室開業資金を想定しているのであれば500万円は自己で用意する必要があるということです。

もしその金額をきいてそんな手元にないよって方は、そもそも独立するべきではないということです。

美容室開業資金として2000万円前後が必要だといわれているので500万円は貯蓄をしてからということになります。

自己資金に関しては、自分だけでなく親の援助をうけて用意する人もいると思いますが、これを自分で用意するのが理想ですね。

もしあなたが200万円しか用意できないのであれば、融資額が200万×3=600万円 200万円+600万円=800万円で出来る範囲で考えるべきなのです。

自己資金が100万円しかないのに、融資額として1500万円以上を受けたとしてもうまくいかないことがほとんどです。

美容室開業資金の自己資金を多く用意できる人の成功率が高い

美容室開業資金の自己資金と成功率って相関関係があるのです、自己資金をどれだけ用意できたかの金額が多ければ多いだけ成功率が高いのです。

美容室開業資金の自己資金が用意できないって人で成功している人は、その開業資金の中で美容室をスタートさせているのです。

つまりさきほどの計算で記載したように、自己資金+融資額(自己資金の3倍)=美容室開業資金ということになります。

これを分かりやすく表記すると自己資金の4倍が美容室開業資金となるのです、この数字を超えてしまうと上手くいかないケースが多いということです。

上手くいっている美容室は全てこの資金の中でやりくりをしているのです、美容室経営ってやれる資金の中でやらなければならないのです。

美容室経営をする際には身の丈に合った店舗展開をする

美容師は独立する前って、あまりに理想が高すぎるのです、だからどうしても美容室資金が多くなってしまうというというのが現状なのです。

身の丈の経営が出来ないと失敗するということをいいたいのです、たまに自己資金が0円で美容室経営をスタートしたいって人がいますが、絶対にうまくいきません。

もし美容室として独立を考えているのであれば、きちんとそれに向けて独立開業資金をためる必要があるのです、それが出来ていない時点でアウトです。

美容室開業資金融資の担当者からも自己資金を350万円以上用意できている人というのは成功率が高いというデータがあるそうです。

自己資金が350万円用意できているという事は、美容室開業資金の公式でいうと350万円の4倍の1400万ということになります。

美容室開業ってお金がかかるって分かっているのに、貯蓄をすることができないとい時点で問題があると思います。

美容室開業をする年齢は35歳前後が一番多いといわれています。

美容室開業をする年齢って35歳前後ってケースが多いといわれています、18歳で高校を卒業後、2年間の美容専門学校を経てサロンへ就職した場合

20歳から現場で働いていて独立までに15年働くケースでは20代後半からはスタイリストとして第一線で働いているわけです。

15年間で350万円を貯蓄するって難しいことではないのですが、ほとんどの美容師さんが独立前には100万円以下の自己資金しかないと金融機関がなげていていました。

貯蓄をするためには、しっかりとした身の丈の生活を心がけなければお金は出ていくばかりで増えていきません。

もしこれを読んでいる方で、これから開業を考えているという方がいれば、しっかりと貯蓄できるように心がけましょう。

金融機関は独立する前の通帳であなたの支出や収入の記録を1年以上のデータをコピーして確認をします、大きな出費をしていないか?ローンなどはないか?など

独立を考えており、金融機関からの融資を考えているのであれば、直近1年は質素な生活をして貯蓄額が少しずつ増えていっている通帳を提出できたらいいですね。

美容室開業資金が自己資金がゼロで成功することはできるわけない

美容室開業資金がゼロですが、全部融資で美容室開業をしたいといますが、成功できるはずがないので考え直した方がいいです。

そもそも独立する前に1円も自己資金が用意できないような生活をしていた人は、美容室経営者になれないと思った方がいいです。

自己資金が用意できない人は、美容室経営を開始しても自転車操業になってしまうケースがほとんどなのです。

給与の支払い日に支払いをしてしまうとその日から、また給与をためるために美容室を稼働させる状態で、こういった美容室が圧倒的に多いのです。

自転車操業をしている美容室というのは3年で終焉を迎えることが多いのです、それは消費税が3年目からかかるケースが多いからです。

1年目2年目は個人事業主で美容室をスタートさせた場合、年商が1000万円を超えるケースがほとんどだと思います。

この場合3年目から消費税がかかってくるのです、先ほどのケースで自己資金が用意できないような方は、消費税も自分のお金のように使ってしまっている

だから3年目になって、消費税の納付義務が来るとそのお金を払う事が出来なくなってしまうのです。

きちんと開業資金を自己資金で用意できている方はその消費税分はきちんと除いた計算で利益を出すことが出来ているのです。

美容室開業資金は運転資金として40%程度を手元に残しておくこと

美容室開業資金の計算については融資を含めたケースで自己資金の4倍までだということをお話ししました。

今回はそれに加えて、美容室開業資金は運転資金としてきちんと手元に残しておかなければ美容室経営はうまくできないということをお伝えいたします。

美容室開業資金は開業までの資金と開業後の運転資金の2つに使わなければなりません、その割合は60%と40%が理想であるといわれています。

さきほどのケースで250万円の自己資金があったとすれば、美容室開業資金は最大で1000万円となるわけですが、400万円は運転資金としなければならないということです。

つまり開業までの資金として600万円、開業後の運転資金として400万円としておかなければならないということです。

自己資金250万円あったとしても、美容室の開業までに使える資金ってたった600万円だということです、立派な内装なんて出来ないってすぐに分かりますよね。

テナント不動産の保証金、シャンプー台やセット椅子など什器、ボイラーなどの設備、そしてカラー剤などの材料費も含めて600万円ってことになります。

たとえ1000万円の資金があったとしても、400万円には手をつけてはいけないのです、ここできちんと40%の資金を手元に残せるかこれが重要です。

仮に600万円で美容室の備品もすべて揃えてやろうと思ったら本当に大変です、内装やデザインにお金もかけられません。

美容室開業資金を内装工事に使いすぎると危険

美容室開業資金についてこれまで触れてきましたが、ここで自己資金をいくら位用意しないと自分の理想の美容室が作れるのか、ある程度イメージできたと思います。

全て逆算で計算する必要があるということです、もしあなたが1500万円の費用をかけて美容室をオープンさせたいと考えた場合、必要となる自己資金を考えてみましょう。

まず1500万円は開業までの資金となりますので、そのほかに1000万円の運転資金が理想となるわけでトータルで2500万円が必要となるわけです。

開業資金の計算は開業までが60%開業後が40%となるので3:2となります)

トータル2500万円が開業資金の総額となるので、これを自己資金は最大で4倍であるということから2500万円を4で割り算します。

2500万円÷4=625万円となり、自己資金が625万必要だという計算になります。

自己資金を600万円以上ためるのって本当に大変ですよね、こういった感じでしっかり計算を導き出していけば大分具体的な数字が見えてくるのです。

こういったしっかりとした成功への数字があるのに、無理して融資を受けすぎたり、また内装費用やデザイン費用にお金を使いすぎたりするから失敗するのです。

美容室開業資金を内装費用に使いすぎている美容師さんがあまりに多くて驚きます、もし内装費用をかけたいけど手元にお金がないって方は分割払いができる業者を選択しましょう。

美容室の内装費用が分割払いできるって経営者にとってものすごい嬉しいことで、1000万円の内装費がかかったとしても7年の返済であれば月の支払額は15万円前後です。

えー分割で支払える内装会社を教えてほしいと人がいれば、問い合わせフォームよりお問い合わせください(関東であれば対応が可能)

→無料ウェブセミナーはこちらから

美容室への集客のコストは年々増加しています

美容室経営で一番大きな問題として取り上げられているのが美容室の集客の問題です、しかもとくに小規模で経営しているサロンは非常に苦戦しています。

なぜなら広告費が高騰しているからです、10人以上で経営している大型サロン、5−10人で経営の中型サロン、5名以下の小規模サロンが同じ媒体へ出稿するわけです。

広告会社が集客する際のプランは同じなんです、今最上位の広告であれば50万円以上が月額でかかるものが普通にありますね。

これって年間で600万円以上をその広告会社へ支払うということです、これは小規模サロンではなかなか手をだすことができないのです。

そして個人経営のサロンって独自性を出したいところですが、広告会社に依存すると典型の出稿パターンがあるので、独自性や差別化をすることができていないのです。

小規模サロンの強みがまったく活かされていない状況ですが、集客に対してオーナーは勉強する時間も手間もない、そのため集客がポータルサイトのみってケースが多い。

私は小規模サロンは、これからの時代は自社で情報発信をしていかなければ生き残れない時代に突入していると思います。

ポータルサイトに情報が出ているだけでは、広告をストップした段階で新規顧客の開拓ができないので大変危険な状況に追い込まれます。

今仮に5万円の広告を使い続けているとしましょう、広告媒体のみに集客を依存しているということは、かりに媒体自体が5倍に値上げしてしまったら、もし廃刊してしまったら。

いやー大手企業だから問題ないでしょって楽観視しているのは危険だということです、10名以下の美容室経営者はこれからは自社で情報発信をしてください。

集客ができないサロンはこれから売上が徐々に現象をしていってしまいます、大型サロンに資本力で勝とうとするのは難しいのです。

→無料ウェブセミナーはこちらから

無料でウェブセミナーを実施しています、経営力のない美容室はこれから廃業ラッシュとなると予想されていますし、実際にそうなると思っています。