美容室集客と広告手法

美容室経営集客で儲かる仕組みや方法が知りたい方へ

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容室経営集客で儲かる仕組みや方法を知りたい方へ

美容室経営ってそもそも儲かるの、廃業している美容室が多くてすでに飽和状態なんじゃないのか?

そんな声が聞こえてきそうですね、たしかに実際に多くの美容室経営者が失敗をしているという事実はあります。

しかしその一方で美容室経営の儲かる仕組み化がしっかり出ている企業は店舗数を増やして利益額を拡大させているというのも事実です。

美容室経営って儲かる仕組み化が出来てしまえば、再現性が高いビジネスなので複数店舗運営という形で利益額はいくらでも増やせるのです。

美容室経営でネックになるのが、まずは集客がしっかりできるかってところですね、広告媒体をうまく使いこなすスキルが求められます。

その地域にあった価格帯になっているのか、銀座でカット1万円だったからといって、下町でカット1万円ではお客様の入りが違うのは当たり前の話。

出店する地域のお客様をまず知ること、そして適正なできるだけ多くの層がターゲットになる価格帯にすることが重要だということです。

顧客単価をあげて、濃いサービスを提供するという美容室もありかもしれませんが、1店舗目の美容室としてはおすすめしません。

なぜ1店舗目で高級サロンをおすすめしないかという企業の経営基盤がしっかりしていないからです。

高級サロンはまず来店する人数が少ないです、しかもスタッフを数名雇用した状態でスタートしなければならないからです。

当たり前ですが、広告を大量に投下し、リピートしてもらうまでに資金がものすごくかかります。

またスタッフが離職したり、資金繰りが苦しくなったり、大きな問題が発生する可能性があります。

美容室経営で儲かる仕組みは一番多い市場を狙うこと

美容室経営で儲かる為には一番多いターゲット層を相手にビジネスをすることが必要です、そのためには価格もそうですし、サービスも考える必要があるということです。

これには賛否両論があると思いますが、1000円カットの美容室って実際に儲かっているかというとしっかりと利益を出しているのです。

なぜならばお客様が絶えず来店しているからです、いつも待合の椅子にお客様が待っている光景が思い浮かんだのではないでしょうか?

そして1000円カットが長続きするポイントは男性客をターゲットにしているということです。

男性客のリピート率っていうのは非常に高いという特徴があります、女性よりも圧倒的にリピート率が高いのです。

美容室って女性ターゲットでお客様の取り合いを競合店を行うわけですが、1000円カットには基本的に女性はいかないのです。

たしかにいくケースはありますが、どの1000円カットも90%以上のお客様が男性客というビジネスモデルなのです。

男性客のリピート率が高いって話をしましたが、さらに男性客は次回来店までの期間が短いのです、月に数回行くって人も少なくありません。

美容室の売上は客単価×来客数×来店頻度なのです、1000円カットの場合には客単価は安いですが、来客数と来店頻度が高いのです。

人通りが多い駅前やショッピングモールなどに出店することで、空き時間でパッとカットできるのも魅力です。

実際に1000円カットは利益が出る仕組化がしっかりあるので、全国でものすごい速さで浸透したわけです。

1000円カットは男性客をターゲットにすることで、ブルーオーシャンで開始したわけです。

ただ1000円カットは模倣しやすいビジネスモデルなのでいずれ飽和すると考えています。

美容室経営の1000円カットは模倣されやすいので飽和する

美容室の1000円カットは模倣されやすいです、だってカットを提供するってビジネスモデルがシンプルだからです。

なんといっても初期投資の費用が少なくて済みます、シャンプー台もいりませんし、セット面とセット椅子があればスタートすることができるのです。

誰だって模倣しようとすれば出来てしまいます、大手1000円カットチェーンがどこで差をつけているかというと出店場所です。

ショッピングモールや駅前の物件というのは店舗開発チームが常に不動産を見張っていないとなかなか個人では取得することが難しいといえます。

フランチャイズの1000円カットの資料を見ていただければわかりますが、立地が良いと初期の保証金などがものすごく高額です。

1000円カットで10坪のスペースを確保するのに初期投資として1500万円ほどがかかる施策となっています、個人ではじめるには投資額が大きくなりすぎですね。

初期投資額を回収するのにかかる時間は5年といわれています、これをどうとらえるかは自由ですが、かなり高い確率で利益は出ます。

1000円カットは回転率もリピート率も高いので利益は出る体制に数年でなりますが、1つ大きな問題を抱えているのです。

それは年々カットをするスタッフが集めにくくなっているということ、1000円という安さでやっているので集客には困らないのですが、それをサービスするスタッフがいないのです。

美容室経営でメンズサロンは利益が出やすいが人材確保が出来ない

先ほどから男性相手に美容室サービスを提供するということでリピート率が維持できると記載しました。

1000円カットなんてほとんどが男性相手だから利益が出やすいのです、男性はリピート率が高いからなりたつわけです。

そこで最近超目されているのがメンズサロンです、実際に都内では何店舗も成功店が出ております。

実際に女性をターゲットとしたサロンとすみわけが出来ているので利益が出ているのです。

ライバルが少ないことろで美容室経営をするってのがブルーオーシャン戦略ですね、男性をターゲットにするとポイントとかお得感に敏感ではないというのがあげられます。

女性はポイントカードや保有ポイントに対して敏感ですが、男性はポイントをためたりするのが苦手だったりするのです。

そして男性は気に入った美容室を見つけたらそのお店を変えることはないのです、よっぽどのことがない限り変えないのです。

女性客の場合には、キャンペーンという言葉に弱かったりして、どうしても価格のお得感だったり、ポイントが上手に貯まる美容室を利用したりするのです。

メンズサロンが収益が出やすいというのは、女性客ではなく男性客をターゲットにしている点、それと高いリピート率があるといった2点があげられると思います。

ただメンズ美容室の場合には、スタッフを集めるのが大変になります、スタイリストが男性客のみをターゲットとしている美容室だと集まらないのです。

これは実際にメンズ美容室を経営している方からヒヤリングした結果、どんなに広告を打ってもスタイリストが集まらないと嘆いていました。

ただメンズ美容室自身はリピート率もそして利益率も高いので、人さえ集まればいくらでも利益は出すことが出来ると自信をのぞかせていました。

メンズ美容室の場合、そもそも男性向け美容室というセグメントが全体に認知されていないので浸透するまでに時間がかかると予想されます。

美容室経営で儲かる仕組みを作るのはやはりリピート率の確保

→無料ウェブセミナーはこちらから

さきほど1000円カットの例とメンズ美容室について書いてきましたが、やはりまとめるとリピート率がいかに高い水準を保てるか

そしていかに回転率をあげられるかってのが儲かるビジネスになるかってポイントになりそうです。

1000円カット美容室のデメリットとメンズ美容室のデメリットを列挙していきましょう、それを改善できる美容室というのが強いということになります。

1000円カット美容室の場合、大きく儲けるには立地が大事、そして初期費用が1500万円かかるので個人で出店は難しい、カットのみをするスタッフが集めにくい。

メンズ美容室の場合、スタイリストの募集が集まりにくい、おしゃれに気を使う男性がいる場所に出店する必要がある、認知されるまでに時間がかかる

上記の問題をクリアできるのであれば、すでに利益が出ている美容室のモデルを真似るというのが最も安定して収益を出すポイントですので取り入れるとよいと思います。

これからは人材を集めるのが難しい時代に突入することは間違いないでしょうね、集客が出来るのは前提としてあると思いますが、それ以上に人材確保がポイントになりそうです。

1000円カットの例でも書きましたが、スケルトンから1つの美容室を開業するとなるとなんといっても初期費用が膨らんでしまうのです。

初期費用をおさえられる美容室経営が一番収益化については効率が良いのではないかというのがと思いますね。

1000円カットの美容室が高い確率で収益化するといっても、必ず100%収益化できるかはわからないわけです。

1500万円が初期費用としてかかるとなれば2000万円の資金力が必要です。

美容室経営で儲けるには初期投資をいかにおさえるかがカギ

→無料ウェブセミナーはこちらから

私は美容室経営で儲かる仕組みを作るのであれば、まずは初期費用をいかにおさえられるかを徹底的に考えますね。

美容室経営がほかのビジネスと異なるのは、なんといっても初期投資にお金も時間もかかるといった点なのです。

最近では居抜き美容室の物件情報って本当に多くあふれています、私はこういった初期投資をおさえる施策を積極的に利用するのがいいと思っています。

スケルトンから美容室を開業までしようとしたら平均的に1500万円ほどの資金がかかるといわれています、これが居抜き美容室をそのまま利用すると500万円ほどで出来ます。

最近では居抜き美容室を上手に利用した美容室のフランチャイズまで登場して、業界全体から注目を集めています。

居抜き美容室を使って成功できるのかって思われる方も多いかもしれませんが、リピート戦略と集客がしっかりできていれば美容室経営ってうまくいくので成功確率はあがります。

そしてフランチャイズ美容室って再現性が高いので、個人で美容室を経営するよりも圧倒的に成功率もそしてオーナーの手取りも高くなるのです。

美容室経営で儲かる人は再現性の高いビジネスモデルで仕組化をして複数店舗を運営しているのです。

初期費用が安いというのは絶対条件で、初期費用が安ければ利益が出る体制が出来れば一気に複数店舗を運営することが出来るのですから。

フランチャイズ美容室のメリットというのはやはりビジネスの再現性で複数店舗のオーナーになれることだと思います。

美容室経営でフランチャイズって異業種の方が対象なのに

美容室経営のフランチャイズのオーナーは美容師でない人の割合が多いって知っていましたか?

美容師さんはフランチャイズに加盟しないんですね、実際にフランチャイズの説明会に行ってみてください。

ほとんどの方が、美容師さんではないという状態でなんです、タイトルも書きましたが美容室とは全く関係のない異業種の方です。

えっって思った人も多いはずです、じゃあどうやって売上をあげるのか、しかもロイヤリティーもしっかり本部に持っていかれるのに・・・。

売上が200万円の店舗だとすればフランチャイズ本部に5ー7%ほど約30万円ほどをもっていかれてしまいます。

さらにオーナーは美容師ではないので現場で売上をあげることができないという状況、平均スタイリストの売上だとしても60万円以上の見込み売上がないわけです。

でもフランチャイズ美容室が増えているという現実があるわけです。

先ほども書きましたが美容師でない異業種の方が参入して、さらに本部にロイヤリティーを払ってもオーナーの取り分があり利益が出ており、複数出店している人がいる。

一方、美容師から独立して自分がオーナーで現場で働いているのに忙しいばかりで利益が出ないと困っている人がいる。

これってなんでこんな現象が起こっているのかをしっかり考えてほしいのです、ここを考えることで儲かる美容室経営ができます。

フランチャイズに入れといっているのではなく、なぜロイヤリティーを払って、さらに加盟料まで払ってオーナーが現場にいかなくて利益が出るのか?

それって実は答えは簡単で美容室経営がしっかり仕組み化されているからなんです、仕組み化されているからオーナーが現場にいかなくても利益が出るわけです。

FC本部の方と話してみてください、彼らは美容師さんではないんですよ、どうやったら仕組み化をできるかを考えているのです。

→無料ウェブセミナーはこちらから

美容室経営で儲かるのは居抜き美容室を上手に利用する手法

美容室経営で初期投資を最短で回収しようとするなら居抜き美容室を利用するのが一番能率がいいのはいうまでもありません。

あなたは居抜き美容室のイメージについてどのようなイメージをもちますか?もしかしたら汚いとか立地が悪いとイメージしたかもしれませんね。

もしそういったイメージをお持ちであれば、一度居抜き美容室の物件の内見をしてみるべきだと思います。

おそらく今までの居抜き美容室のイメージが変わると思いますよ、店内は綺麗ですし、装備もしっかりしている店舗が多いのです。

なぜ居抜き美容室が増えているかといえば、3年以内や5年以内で廃業をしてしまっているところが増えているという事実があるからです。

正直小規模の美容室であれば500万円以下で美容室をオープンすることができてしまいます。

スケルトン物件から美容室をオープンした場合には、排水の問題やボイラーの問題などを懸念しなければなりませんが居抜き美容室なら実際に営業をしていたわけですから間違いなし。

→無料ウェブセミナーはこちらから

居抜き美容室で開業するメリットは少ない資本で美容室開業ができるのはもちろんですが、万が一うまくいかなかったとしても撤退も出来るのです。

もしスケルトンでやってしまっていたら1000万円以上の損害が発生してしまいますが、居抜き美容室であればそのまま居抜きで誰かに転貸をすればいいわけですから。

今回のテーマは美容室の利益率についてお話ししましたが、仕組化がしっかりされている美容室の方が圧倒的に利益率が高いということを説明させてもらいました。

複数店舗の運営をして、将来的には現場を離れて経営に専念するって方が現実的だと私は思っています。