美容師独立

美容師独立の失敗を避ける為の美容室の職場選びとは?

以下のフォームに入力して「講座動画を受け取る」ボタンをクリックしてください。
すぐにメールで動画をお送りします。

美容師独立失敗の原因は働いている美容室にあった

美容師独立って独立すると失敗する確率が非常に高いといわれています。

これってなんでなんでしょうか?これを真剣に考えていない状態で開業している人が多いのも問題ですが。

実は美容師独立失敗の原因として挙げられるのが、独立前にスタイリストとして働いている職場環境にあるといわれています。

美容師さんが独立するときにイメージするのは、たいていが現在働いているもしくは以前働いていた美容室の経営モデルなのです。

メニュー構成や内装や接客などイメージがかなり近いというデータが出ています。

内装などは個性を出す人がいますが、客単価のイメージ・メニューの価格や構成は似ているのです。

たいてい独立する美容師って客単価が高めの美容室で勤務していることが多いのです。

たとえば青山とか外苑前とか表参道とかそういう場所で勤務していた美容師さんのこと。

美容師は独立する際に勤務していた美容室をモデリングしてしまう

ここで大きな問題が発生するんですね、青山や表参道っておしゃれな店舗で売上が200万円ある人が独立を考えるケースを例にしますね。

当たり前ですが原宿や表参道の有名店だからカットの値段は高くても問題ないわけですが、独立したらその価格帯で勝負できる人って少ないんです。

美容室経営って信頼があって初めて値段が取れるのです、お店への信頼があってその値段を出しているわけです。

ですが、この事に独立する前の美容師って気が付かないのです、今までその値段でやっていたんだから、そして満足させていたのだから大丈夫だって思うのです。

高価格帯の美容室ってそれなりに初期投資に開業資金をつぎ込んでいるわけです、独立したての場合にはそんな資金力はないんですよ。

資金力がない状態でオープンした美容室で今まで通りの価格帯で勝負できる可能性は極めて低いと考えていなくてはならないのです。

美容師として独立する際に、資金力のあるスポンサーなどがいればいいですが、通常はそういうケースはないわけですよね?

青山、表参道、外苑前、銀座などでカットを今まで1万円とかでやっていた人は、まず自分の出店場所のカット値段に合わせなければならないのです。

美容師独立の失敗はプライドを捨てられるかどうかにあり

厳しい言い方かもしれませんが、立地によって内装によって、またお店の雰囲気や規模によってカットの値段って決まります。

青山の1等地にあってさらに規模も大きく内装が綺麗であれば、カットが1万円であってもお客様は納得してお金を出してくれます。

しかし隠れ家のような小規模でサロンをやっていたら1万円は出してくれません、かなり有名なスタイリストであれば可能かもしれませんが、通常は無理だと思った方がいいです。

これって美容室経営以外でも同じことがいえて、ホテルのロビーで1杯コーラやコーヒーが1000円でもクレームは出ないわけです。

逆に1000円以上するコーヒーやホテルのが雰囲気が好きだとなれば、商談などに使っている人もいるのでリピートもありえます。

ただ小さな喫茶店でコーラが1000円だったら、絶対に二度といかないですよね。

これって第三者目線で考えると当たり前のことなんですが、美容師って独立後にプライドを捨てられないのです。

美容師って独立した時って資金力もないので、どうしてもカットの値段も含めてその当時より安くしないと集客に苦労するんです、でもカットの値段にこだわる人が多い。

とくにカットが5000円以上の美容室で働いている美容師さんって、絶対にカットの値段って絶対に落としたくないって考えるんです。

美容師は開業したらプライドが邪魔をする場合がある

美容師として独立して失敗する人ってプライドが高くて、お客様が求めているニーズに対応できない人が多いといわれています。

カットの値段って、もちろん開業した時にオーナーが決めるものなのですが、最終的にリピートするかどうかを考えた場合、最終価格決定者はお客様だということを忘れているのです。

お客様が満足する、そして納得する価格でサービスを提供しないと、リピート客が増えないのです、そして廃業をしてしまうということ。

これは美容師だけにいえることではなく、一部上場企業で営業成績がトップだった人が、独立したらまったく成約がとれなくて、起業に失敗するってパターン。

まさにこれなんです、今まで有名店で仕事をしていた美容室の看板があったから、カットが1万円と取れていたのです、独立したらその看板はもうないのです。

私は美容師として独立したら、お客様目線を常に考え、そして今までのプライドをどこまで捨てられるかが成功を分けると思っています。

もしあなたに独立時にスポンサーとなってくれる資金力のある人がサポートしてくれるのであれば、一等地で独立して今まで通りの値段で勝負できるわけですよ。

南青山や原宿といった有名店といわれるところは、代表として現場で活動しているトップスタイリストに出資しているオーナーが後ろでサポートしています。

現場でスタッフとして働いているとこのあたりを意識しないのです、バックに投資家がついているのは大きなアドバンテージになっているのです。

美容師独立前の成功イメージと大きく異なるのはスタッフ育成

美容師として独立して失敗を招く原因といわれているのが、人材が集まらないという悩みですね。

数名の親しいスタッフを連れて独立をするという流れであれば、開業時にある程度我慢できるかもしれませんが、本当に人材を集めるのはどの美容室も苦労しています。

今までスタッフとして働いていた時には、あまり気にしなかったかもしれませんが、スタッフがいないと売り上げがあがりません。

結局美容師として独立しても雇われ店長の時と変わらないで、美容室経営者というのは名前だけで実際にはすべて自分でやっているという状況になっている。

しかも美容室経営者になって自分の手取りの給与が下がって、さらにプレッシャーは今までの数倍、そしてやる業務量も今までの数倍ってケース。

これって一番最悪なケースなわけですが、実際にこういった状態に多くの美容師が陥ってしまっているという現状があるわけです。

私は美容室経営者になったら数年間は美容師の時よりも年収が下がることを覚悟しておかないと続きませんよと伝えています。

実際に美容師として独立して経営者になった方は、80%の確率で年収が自分が働いていた時よりも下がっているというデータがあるほどです。

美容師として独立すると年収が数倍になるなんて考えている人は考えを改めなければならないと思います。

美容室経営ってそれだけ競争が激しい世界なのです、そしてプライドも含めて相当な覚悟がないと成功出来ない世界なのです。

きちんとした覚悟がないで美容師から独立すると廃業へ一直線だということを頭に置いておく必要があるということです。

美容師独立を成功させたいなら経営の仕組みを学べるところで働け

→無料ウェブセミナーはこちらから

先ほどから書いてきましたが、美容師って独立前に経営の勉強をできる環境って整っていないんですね。

それでいきなり美容師から独立ってなるわけです、仕組化が出来ていない美容室でいくら働いても経営能力ってつかないんです。

さきほど書きましたが、たいていのお店って美容室の経営者自身にカリスマ性があったり、立地や出店のタイミングがよかったり運の要素も結構あるのです。

だから、同じお店を多店舗で展開しているような美容室でないと経営の勉強にならないのです。

美容室経営に一番大事なのは再現性があるビジネスモデルであることなのです。

青山、銀座、表参道ってサロンは歴史などがあったりタレントさんがカットしていたり特殊なのです。

だから再現性がほとんどないのです、たしかに有名人がカットしているような美容室であれば、利益率も高く、サービスの単価を上げても利益はしっかり出ます。

ですが、同じような美容室ってほかには作ることはできないんですよ、だからそういった美容室で働いていて独立しても再現することが出来ない。

美容室経営のモデルとして再現できないので、同じように取り組んだら絶対に失敗をしてしまうのです。

もしこれを読んでいる美容師さんがどのような美容室で働いているか分かりませんが、仕組化がしっかりされている美容室で働くのが勉強になると思います。

仕組み化がされている美容室のすごいところは、全国のどこでも利益をしっかり出せるシステムが作られているということです。

出店場所を選ばないで、さらには美容室経営者が美容師でなくてもしっかり利益が出せる仕組みがあるところがすごいといえると思う。

美容師が独立前に経営の知識をつけることが必須である

→無料ウェブセミナーはこちらから

美容室経営ってしっかり仕組み化が出来ていなければ発展することができないということ、そして高い確率で経営について知らなければ廃業をするということです。

これから美容業界は間違いなく収益が出るビジネスモデルだということが実証されているので、異業種の参入が増えるといわれているのです。

今以上に競争が激しくなったら、経営者として勝ち残っていくことは出来ますか?自信を持って勝ち続けられるということが出来ますか?

95%の美容室経営者が美容室経営の勉強をすることを避けています、難しいと思っているのでこれからも避け続けるでしょう。

この記事を読んでいる人はチャンスなのです、もし今から勉強をスタートさせるだけでライバルを一気にごぼう抜きすることができるからです。

美容室経営ってなんといっても再現性がものすごく高いのです、仕組み化さえ出来てしまえばあっという間に数店舗も増やすことができるのです。

正直美容室経営が一旦仕組み化できてしまえば、利益は膨らむ一方なんです、ウェビセミナー登録いただければ美容室経営に関する動画をプレゼントしております。

→無料ウェブセミナーはこちらから

美容室と成功することを多くの方が望んでいます、ぜひ頑張ってください。